<< Tagsのおしゃれ part1 東海道新幹線のちょっとしたサー... >>
 

Excelを利用した簡単な画像素材の作り方

はじめに

 私はブログスキン編集の説明用にスクリーンショットを掲載するため、加工OKの素材または、自分で作るようにしています。(以前は素材屋さんの許可を得て掲載をしていました)

 私は素材作りが下手なので、Excelで簡単な素材を作成しています。Excelを利用する理由は、私のような素材作りの初心者でもそれなりにできるからです。実は投稿欄の丸みのある枠もExcelで作っています。

 今回はExcelで素材を作るときの、ちょっとしたヒントを記事にしたいと思います。





素材作りの手順

 Excelで素材を作る手順を図1に示します。Excelで素材を作るときは、オートシェイプを利用します。いくつかのオートシェイプを組み合わせると、私の投稿欄の枠のようにできます。
 出来た素材は、Excelの枠線を消してから画面をキャプチャして素材にします。
a0031863_11382250.gif

図1素作成手順



Excelのオートシェイプで素材を作る

今回は、投稿欄の丸みのある枠を作る方法を簡単に説明させて頂きます。
Excelのオートシェイプで基本図形のなからか角丸四角形を選択します。
Excel上で図2に示すように枠を作成します。その際には、ピクセル単位で寸法を測れる定規を当てて作成するのがコツです。

a0031863_11383786.gif

図2素作成中の画面


なお、私が使っている定規は、以下のリンクから得ることができます。
「MM Desktop Ruler」ダウンロード - むぅもぉ.jp


Excelの枠線を消す

素材ができましたらExcelのメニューの、ツール(T)→オプション(O)を選択します。そして図3に示すようなオプション設定画面が表示されます。
オプション設定画面の「表示」タブをクリックし、図3に示すように枠線(G)のチェックを外します。
a0031863_11385349.gif

図3オプション設定画面



画面キャプチャ

素材が出来たら、画面をキャプチャして保存する必要があります。私は、以下のリンクのIrfanView を利用しています。

IrfanView のメニュー オプション(O)→画面の取り込み(C)を選択し、取り込みの実行を押すとCTRL+Cキーで画面をキャプチャできるようになります。

後は、キャプチャした画面をマウスでトリミングして任意の画像形式に保存すると完了です。

IrfanView 日本語版

※画像のピクセルが微妙にずれていたら、グラフィックエディタで拡大縮小して調整することも出来ます。私は以下のリンクのソフトを利用させて頂いています。

GIMP for Windows

最後に

私のような素材作りの素人には、Excelなどで素材を作る方法が意外と簡単だったります。新しくソフトウェアなどを購入することなくお手軽に素材が作れるのはメリットですね。
 皆さんの方が、もっと素敵なテクニックなどあるのではないでしょうか。もし、そんな素敵なテクニックをお持ちの方は、教えて下さいね。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2006-04-02 11:39 | ├スキン編集
<< Tagsのおしゃれ part1 東海道新幹線のちょっとしたサー... >>
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。