「ほっ」と。キャンペーン
<< EverNote@USB Ve... EverNoteで日本語を入力... >>
 

注意:EverNoteのパスワードは安心できない

注意:EverNoteのパスワードは安心できない


 EverNoteをパスワードで保護できるが,データベースである拡張子 enb ファイルをテキストエディタなどで開いてみると,内容を見れるものがある。暗号化している訳ではなさそうである。
パスワードを設定するとEverNoteで起動できないが,データベースであるファイルを開くことで簡単に内容を知ることができる。
 USBフラッシュメモリなどに入れて持ち歩く場合は十分注意が必要である。USB自身に暗号化やパスワード機能があるものを使用したり,暗号化仮想ドライブなどを利用するなどの対策が必要かもしれません。


自動バックアップの内容も注意が必要


 EverNoteは自動バックアップ機能があります。デフォルトの設定ではマイドキュメントにMy EverNote Filesフォルダを作成し,マイドキュメント\My EverNote Files\Backupsフォルダ下にバックアップファイルが保存されます。出先パソコンでEverNoteを作業する場合は注意が必要です。私は以下の様に設定し,自動でバックアップされないようにしています。また間違ってバックアップしてもUSBメモリに保存されるように設定しています。ただしレジストリに設定を書き込んでいるので使用パソコン毎に設定する必要がありそうです。

1.メニューの Tools > Options を選択する。
2.Backupタグを選択。
3.At the following time interval Backupsのチェックを外す。
4.念のため Backup files folder を \Backupsに変更しておく
(間違って保存されても,USBから起動してあれば,USBのルートにBackupsフォルダが作成され,そこに保存される。現時点のバージョンで確認,他のバージョンでは判らない)

a0031863_18295999.gif



[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-05-14 18:30 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://potto.exblog.jp/tb/5584063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 移り気プログラマーの航海日誌 at 2009-02-04 00:31
タイトル : [Evernote]Evernoteのノート中文字列の暗..
Evernoteでノート中の文字列を選択して「Encrypt Selected Text」というポップアップメニューを選択すると、その文字列をクライアント上で非表示にできます(ローカル版、Web版とも)。 しかし、少し古いですが注意:EverNoteのパスワードは安心できないという記事を発見しま... more
<< EverNote@USB Ve... EverNoteで日本語を入力... >>
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。