「ほっ」と。キャンペーン
<< SendToFastCopy.... EverNote(プレビュー版... >>
 

Firefox Portable2.0.0.14の日本語化

はじめに

Firefox Portable2.0.0.14の日本語化メモです。拡張を沢山入れると遅くなるので、今回は拡張を入れない方法です。以前から利用されている方は、Firefoxのアップデートでもバージョンアップが可能です。

※ 以前の記事を最新バージョンに合わせて書き換えています。また、新しく日本語化バッチファイルも追加しました。よろしければご覧下さい


ダウンロード

以下のサイトから、Firefox Portable2.0.0.14と ja.xpi をダウンロードします。

Mozilla Firefox, Portable Edition

2.0.0.14は以下のサイトです。

Index of /pub/mozilla.org/firefox/releases/2.0.0.14/win32/xpi

Index of /pub/mozilla.org/firefox/releases/2.0.0.13/win32/xpi
Index of /pub/mozilla.org/firefox/releases/2.0.0.12/win32/xpi



手順

 
1. Firefox Portableを解凍します。
2. Firefox Portableを実行します。
3. ja.xpiをインストールします。
4. アドレスバーに about:config と入力
5. フィルタに general.useragent.locale と入力
6. 表示された項目をダブルクリックして、ja-JPと書き換える。
7. Firefox Portableを再起動して、完了。

a0031863_9202627.jpg



参考までに

 user.jsを書き換える方法も楽くです。以下の場所にuser.jsファイルを作成し、以下のコードを追加してFirefox Portableを再起動するだけです。

場所: FirefoxPortable/Data/profile/

user.js


user_pref("general.useragent.locale", "ja-JP");





日本語化を楽にするバッチ

user.jsに設定を記述すれば日本語化が可能ですが、その処理を楽にするバッチです。(上記作業を行っている方は、不要です。)
FirefoxPortable.exeのある場所に以下のコードを記述した ja.batファイルを作成してください。ja.batをダブルクリックして起動すると設定を書き込みます。なお実行すると、実行したバッチファイルは自動で消去されます。

注意: ja.xpi を導入後実行して下さい。


日本語化バッチ


%~d0
cd %~dp0

set home=%~dp0
cd "%~dp0Data"
md profile

set file=%~dp0Data\profile\user.js

::日本語化
echo user_pref("general.useragent.locale", "ja-JP");>>"%file%"

del %0



古いja.xpiの場所


Index of /pub/mozilla.org/firefox/releases/2.0.0.11/win32/xpi/

Index of /pub/mozilla.org/firefox/releases/2.0.0.10/win32/xpi


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-04-19 18:42 | ├Firefox | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://potto.exblog.jp/tb/6499264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< SendToFastCopy.... EverNote(プレビュー版... >>
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。