カテゴリ:├自作ソフト( 10 )

 

UWSC緊急ストップ(改良版 2016)

はじめに

UWSCの緊急ストップのマクロの改良版を公開します。普段はこの改良版を利用しています。キー操作も変更しました。以前のものは[ESC]で止まりましたが,[Win]+[ESC]にすることで,[ESC]キーを押すような操作もでき,便利です。また,1回常駐しておけば,止まらずに何度でも緊急停止ができるので,便利です。よろしければご活用下さい。


機能と改良点

このマクロはUWSCで動作します。あらかじめこのマクロを動作させておき,[Win]+[ESC]キーを同時に押すと他のUWSCのマクロが停止します。緊急停止が必要な時にあらかじめ起動しておけばよいです。また[Win]+[ESC]キーではこのマクロ自身が止まらないので,再度起動する必要がありません。前回のマクロよりも使いやすいと思います。

Win+ESC UWSCを強制終了
Win+F12でこのマクロを終了


マクロ



CTRLWIN(GETID(GET_THISUWSC_WIN),HIDE)

//uwscを強制終了する
Fukidasi("WIN+ESC:UWSCを強制終了 WIN+F12:自分を終了")
acw(getid(get_fukidasi_win))

while True
   Sleep(0.1)
if getkeystate(vk_WIN) and getkeystate(vk_F12) then EXITEXIT
if getkeystate(VK_WIN) and getkeystate(vk_esc) then CloseUWSC()
wend

PROCEDURE CloseUWSC()
for i = 0 to GETALLWIN()-1
ifb POS("uwsc.exe", STRCONV(STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_PATH),SC_LOWERCASE)) <> 0 then
CTRLWIN(ALL_WIN_ID[i], CLOSE)
endif
next
FEND


最後に

改良して普段使っているものなので,前よりも使いやすいと思います。よろしければご活用下さい。

以前の記事:UWSCのマクロが暴走した時のための強制終了スクリプト

難易度:★
UWSCが扱えるかたがご利用下さい。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2016-01-04 13:06 | ├自作ソフト
 

秀丸エディタ- 現在開いているファイルのフォルダを開くマクロ

はじめに

 最近は秀丸のマクロで遊んでいます。単純だけどちょっと便利なマクロをご紹介します。
 みなさんは、現在秀丸エディタで開いているファイルのフォルダを開きたいと思ったことは無いでしょうか。
 私は秀丸Wikiを利用しているときに、画像やファイルなどを秀丸Wikiのフォルダに格納したいと思っても、エクスプローラを起動して、その場所を開くのが面倒な気がします。
 そんなときに便利なのが、これからご紹介するマクロです。このマクロは現在秀丸エディタで開いているファイルの場所をエクスプローラで開くマクロです。しかも、1行で出来ちゃうのです。

コード

 以下のコードをコピーして、opendir.macなどとファイルを保存して下さい。そのファイルをマクロで登録すればOK。

opendir.mac


run "explorer.exe" + " \"" + directory + "\"";



ね、簡単でしょ。

使い方

 ファイルを編集している状態で、さっき登録したマクロを実行します。そうするとフォルダが開きます。


解説

エクスプローラにフォルダを指定すると指定フォルダを開くことができます。秀丸からフォルダを指定し、エクスプローラを起動しています。



  • run の後に実行ファイルを指定すると秀丸でファイルを実行できます。

  • directoryが現在編集中のファイルのフォルダ名を取得できます。

  • 細かいことですが、 "\""をフォルダの前後に入れるのは、フォルダ名に空白が入っているとうまく動作しないので、回避のために入れています。


この記事は、秀丸Wikiの開発中のマークアップマクロで作成しています。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-11-01 01:55 | ├自作ソフト
 

秀丸Wiki Ver 0.3β 

秀丸Wikiバージョンアップのおしらせ

秀丸Wikiをちょっとだけバージョンアップしました。WikiNameのジャンプ部分の修正です.wiki-jump.macのみの交換でOKです。

http://hidemaruwiki.potto.client.jp/index.html



ちょっとだけのバージョンアップ


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-10-21 19:41 | ├自作ソフト
 

秀丸Wiki - 秀丸を使ってローカルでWiki環境

はじめに

普段はテキストエディタにVimを利用しています。最近、秀丸で遊んでみようとおもってマクロを書いてみました。実は、秀丸は使い始めて1週間なので、ちょっとマクロが怪しいかもしれません。

今回作って遊んだのは、秀丸Wikiです。秀丸でWikiのようにテキストリンクができて、Markdownを使ってHTMLファイルに変換します。

私個人がちょっとしたWebサイトを作るのに、少しだけ便利になるかなと思い作りました。
ドキュメントもちゃんとできていないし、説明も下手なのでこれでわかるでしょうか・・・・

リンク先は、秀丸Wikiで作成したHTMLファイルをアップしたものです。

http://hidemaruwiki.potto.client.jp/index.html

追記: マクロを入れる場所に空白文字列が含まれているとHTML変換ができないバグを修正しました。ver0.2Β以降をご利用下さい。
2008年10月18日



できること

できることは以下の2点のみです。

1. 秀丸でテキストリンクに飛べます。  
2. HTMLに変換できます。あらかじめ決められた雛形にMarkdownの変換結果を流し込みます。(最終的には秀丸だけで利用できるように仕様の変更も考えています。どうなるかは、わからないのですが・・・)


さいごに

MarkdownでHTMLファイルを作成するときのツールが欲しかったので作っちゃいました。
とりあえず動いているだけなので、いろいろとまだ修正しなければいけないかもしれませんね。
でも、このツールを利用する方は私以外にいるのかなぁ。

久しぶりにコードを書くことをしたら。なんだか、楽しくなっちゃいました。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-10-18 00:04 | ├自作ソフト
 

ネタ - バッチファイルでChangelog

はじめに


 まずはじめにこれは、ネタです。バッチファイルでもいろいろ楽しめると思って、バッチファイルでChangeLogメモを実装してみました。メモ帳の制限があるのと、ファイルが大きくなると重くなったり、メモ帳で開けなくなったりと実際の業務には利用できないけど、遊びで作ってみました。


ChangeLog.bat

以下のコードをコピーしてCangelog.batファイルを作成する。*:の前にタブコードを入れてもらえると書式がそれらしくなります。

ChangeLog.bat


@echo off
%~d0
cd %~dp0

set fname=changelog.txt
set user=user
set mail=user@mail

set tmp=temp.$$$

set yy=%DATE:~0,4%
set mm=%DATE:~5,2%
set dd=%DATE:~8,2%

findstr /v /c:"%yy%-%mm%-%dd%  %user%  <%mail%>" %fname%>%tmp%

echo %yy%-%mm%-%dd%  %user%  ^<%mail%^>>%fname%
echo *:>>%fname%
type %tmp%>>%fname%
del %tmp%

start notepad %fname%




最後に

バッチファイルはちょっとしたことに利用できますね。今回のケースのようなことも実はバッチファイルで実装することもできます。もっと手の込んだ方法では、アセンブリ言語で作成し、バッチファイルに埋め込んでdebugで元に戻す方法もあるので、チャレンジしたい方はがんばって下さいね。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-08-01 19:25 | ├自作ソフト
 

UWSCのマクロが暴走した時のための強制終了スクリプト

改良版のスクリプトを作りましたので,そちらをご活用下さい。

改良版:UWSC緊急ストップ(改良版 2016)

はじめに


Windows XPでマウスやキー操作を自動化するソフトのひとつにUWSCがあります。このUWSCは初心者からベテランまで幅広い層に利用されているみたいですね。わたしも、定型操作を自動化して楽をしています。
 私はおドジなので、UWSCで思わぬ動作をしちゃって、すぐに止めたいけど慌てちゃって、すぐに止められなかったりしちゃうことが極まれにあります。そんなときには、強制的にUWSCのプロセスをkillしちゃえばいいのだけど、操作ができなくてまた慌てちゃう。
 そこで、あらかじめ常駐させておいて、ESCキーを押したらすべてのUWSCを強制的に止めてしまうスクリプトを書いてみました。使えるかわからないですが、私はこれで安心してUWSCを止めることができそうです。

UWSC公式:UWSC


UWSC版

すべてのUWSCのプロセスをkillします。したがって、このスクリプトも終了しちゃいます。常に常駐させたい場合は次のAutoHotKey版をご利用下さい。

UWSC版


//uwscを強制終了する
repeat
        Fukidasi("Escで終了")
      Sleep(0.2)
until getkeystate(vk_esc) 
CloseUWSC()


PROCEDURE CloseUWSC()
        for i = 0 to GETALLWIN()-1
                if POS("uwsc.exe", STRCONV(STATUS(ALL_WIN_ID[i], ST_PATH),SC_LOWERCASE)) <>  0 then CTRLWIN(ALL_WIN_ID[i], CLOSE)
        next
fend




AutoHotKey用

AutoHotKeyならば、もっと簡単です、Winキー+SでUWSCを止めちゃいます。
AutoHotKey用


#s::
        Process, Close,UWSC.exe




最後に

UWSCのマクロは比較的簡単なので、自分でも作れるようになると思います。ベテランさんならば、無いコマンドは自分で拡張することもできるので便利ですね。このスクリプトについて、まだ問題があるかもしれませんので、いろいと試してからご利用下さいね。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-05-17 10:04 | ├自作ソフト
 

SendToFastCopy.js - FastCopyでバックアップをちょっとだけ便利に

はじめに


 Windows XPの中でも高速にファイルをコピーできるといわれている、FastCopy。このFastCopyはGUIだけでなく、コマンドを入力することでユーザがFastCopy簡単に操作が可能です。 この機能を利用することで、ユーザが自由に拡張し、FastCopyをさらに便利に使えるようになります。

 今回はエクスプローラの送るのメニューからFastCopyを呼び出して、指定したファイルを指定フォルダにバックアップするツールを作ってみました。オプションを書き換えればいろいろな動作が可能になりますので、判る方はオプションを変えたりして楽しんで下さいね。

FastCopy公式:FastCopy


SendToFastCopy.jsのダウンロード



インストール方法


1. FastCopy をダウンロードして解凍する。

2. SendToFastCopy.js
をダウンロードする。

3. ダウンロードしたSendToFastCopy.jsをFastCopyのフォルダに入れる。

4. SendToFastCopy.jsを選択し右クリックし、ブロック解除(K)をクリックする。
a0031863_1055957.jpg


5. SendToFastCopy.js をダブルクリックするとインストールが実行され、エクスプローラの送るに登録される。(もう一度ダブルクリックでアンインストールされる)

6. 以上で完了。



オプションについて

オプションについてはsync 同期(サイズ・日付)を利用しています。他のオプションを指定したい場合は、ファイルを開いて、以下のオプションを書き換えて下さい。

書き換え部分


var option= "/auto_close /cmd=sync";




オプションについて


noexist_only 差分(上書きなし)
diff 差分(サイズ・日付)
update 差分(最新日付)
force_copy コピー(全上書き)
sync 同期(サイズ・日付)
move 移動(全上書き)
delete 全削除

詳しくは公式をご覧下さい。

公式:http://www.ipmsg.org/tools/fastcopy.html



2008年4月28日 追記

使い方


1. エクスプローラでバックアップしたいファイルやフォルダを複数選択する。

2. 右クリックの送るでFastCopyでバックアップを選択。

3. バックアップするフォルダが表示されるので、バックアップフォルダを選択。

4. FastCopyを利用してバックアップが開始される。

5. バックアップが完了するとFastCopyが自動で終了し、バックアップフォルダを開いて終了する。(エラーが発生した場合は、タスクトレイにFastCopyが常駐したままになるのでタスクトレイのFastCopyをクリックし、エラーを確認してから終了して下さいね。)

最後に


 FastCopyはコマンドでユーザが自由に動作を指定できるので、他にも面白い使い方などができるかもしれません。面白いアイディアが浮かんだら教えて下さいね。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-04-26 10:55 | ├自作ソフト
 

VxEditor ハイパーリンク用スクリプト

はじめに

 テキストハイパーリンクを VxEditor でも実装してみました。以下のサイトでopenwikilink.dmsをダウンロードしてツールに登録してくださいね。ショートカットキーに割り当てると便利です。まだ未完成ですが、それなりに使えるかもしれないのでアップしておきますね。ローカルWikiみたいにも使えます。Vikiの書式に従えばHTMLにも変換が可能です。また、他の変換ツールと組み合わせるのも面白いかもしれませんね。

公開先:VxEditor テキストハイパーリンク


機能

主な機能は以下の通りです。


  • http://などのURLアドレスにリンク

  • 以下の拡張子はテキストエディタで開く。
    .txt , .dms , .log , .vbs .js , .howm , .vik

  • 以下の拡張子は画像として開く。
    .jpg , .gif , .bmp

  • 以下の拡張子は実行ファイとして開く。
    .exe , .com , .help

  • 拡張子が無い場合は拡張子.vikiを付加してエディタで開く。

  • 以上の拡張子以外は関連付けファイルとして開く。

  •  リンク方法
    >>>リンクファイル名
    [[リンクファイル名]]
    [[リンクファイル名][タイトル]]



テキストWikiとして利用

拡張子無しでリンクすると拡張子を自動で付けてリンクファイルを開きます。この機能を利用してVikiライクの記述でテキストを入力できます。deplateを利用すれば、WikiをHTMLファイルに変換も可能です。


[[index][ホーム]] ←このリンク方法ならばdeplateと同じなので変換可能



変換バッチ

このバッチはVikiをHTMLに変換するバッチです。deplateをダウンロードして入れておく必要があります。またset src=で設定してある場所。この場所はMyWikiになっています。このMyWikiのフォルダにVikiのファイルを入れておき、MyWikiのフォルダの上にこのバッチファイルをconv.batなどとファイル名を指定して実行します。
変換が完了すると、htmlフォルダとhtml ファイルが作成されます。

追記:template.txtをアップしておきますね。conv.batと同じ場所に入れて下さいね。


deplate: http://sourceforge.net/projects/deplate/



@echo %debug%off
:: Vikiファイルをdeplateを用いてhtmlファイルに変換する

::設定
set home=%CD%
set src=%home%\MyWiki
set html=%home%\html

set template=%CD%\template.txt
set option=-m utf8 --no-simple-names

::変換用バッチファイル
set convbat=_wikiconv.bat

::main
::出力用のフォルダを作成
if not exist %html%\nul md %html%

call :makebat

::生成
for /R %src% %%v in ( . ) do %ComSpec% /c %convbat% %%v
cd %home%

::生成したhtmlファイルのコピー
xcopy /E /Y %src%\*.* %html%

::不要なhtmlファイルの削除
for /R %src% %%v in ( *.viki ) do call :delhtml %%v

::htmlフォルダ側の *.vikiファイルを削除
for /R %html% %%v in ( *.viki ) do del %%v

goto end


::拡張子 .vikiを .htmlに変更して削除する
:delhtml
set fname=%1
set fname=%fname:.viki=.html%
del %fname%
goto return

::makeバッチ
:makebat
echo echo off>%convbat%
echo set h=%%1>>%convbat%
echo set h=%%h:.=%%>>%convbat%
echo echo フォルダ名:%%h%%>>%convbat%
echo cd %%h%%>>%convbat%
echo for %%%%f in ( %%h%%*.viki ) do deplate -t %template% %option% %%%%f>>%convbat%
echo cd %home%>>%convbat%
echo :end>>%convbat%
goto return

:end
del %convbat%
pause
:return



template.txt



#Mingle type=pre slot=css:
<style type="text/css">
<!--

html,body{margin:0;padding:0}
body{font: 76% arial,sans-serif}
p{margin:0 10px 10px}
#header{position:relative}
#header h1{height:80px;line-height:80px;margin:0;
padding-left:10px;background: #EEE;color: #79B30B}
#header a{position:absolute;right:0;top:23px}
#content p{line-height:1.4}
#footer{background: #333;color: #FFF}
#footer p{margin:0;padding:5px 10px}
#footer a{display:inline;padding:0;color: #C6D5FD}

#navigation{float:left;width:50%}
#extra{float:left;width:49.9%}
#footer{clear:left;width:100%}

/*font-size*/
body{font-size:medium;}
body{font-size:95%;}
#header h1{font-size:130%;}
h1{font-size:120%;}
h2{font-size:110%;}
h3,h4{font-size:100%;}

#footer{font-size:80%;}
#navigation,#extra{font-size:80%;}


h1,h2,{padding-left:10px;}
h1,h2{
margin:10px;
border-bottom:1px solid #ccc;
}

h3{
margin:10px;
margin-left:15px;
padding:3px;
border-left:5px solid blue;
border-bottom:1px dotted #ccc;
width:80%;
}

p{padding:1em;}

#footer{text-align:center;}

pre{
padding:1em;
margin-left:50px;
background-color:#FFEBFD;
}

blockquote{
padding:1em;
margin-left:50px;
background-color:#F7F5F5;
border-left:3px solid #ccc;
}

/*アンカー対策*/
a{display:none;}
div a{display:inline;}

-->
</style>
#End

#PREMATTER
<div id="container">
<div id="header"><h1>{get: title }</h1></div>
<div id="wrapper">
<div id="content">
#BODY: -navbar_top -navbar_bottom
</div>
</div>
<div id="navigation">
</div>
<div id="extra">
</div>
<div id="footer"><p>Copyright (C) 2006-2007 ぽっと All rights reserved</p></div>
</div>
#POSTMATTER: html_pageicons_beg..html_pageicons_end



[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-07-21 12:54 | ├自作ソフト
 

lolifox - lolifoxをUSBメモリで起動するプログラム

はじめに

Firefoxを基に作られたlolifoxをUSBメモリで起動するプログラムを遊びで作ってみました。まだテストバージョンなので、仕様変更とかありそうですが、よろしかったら遊んでみて下さい。
なお、lolifoxは入っていないので、インストール手順に従って入れて下さいね。

a0031863_20301789.gif


公開場所

lolifoxのことについてよく分かっていないので、問題がある場合は公開を中止しますので予めご了承下さい。

http://lolifox.potto.client.jp/


最後に

空き時間のちょっとした時に作ってみました。まだ今日作ったので、テストがこなれていないかもしれません。私が使って試しながら修正をしますので、ゆっくりまって下さいね。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-03-21 20:30 | ├自作ソフト
 

■HTML 特殊文字変換プログラムについて

稿欄に<font color=blue>文字色青</font>とか、タグを入れると解釈しちゃって、文字色青になっちゃうので、説明するときに大変ですよね。通常は< を &lt;に、>を&gt;に置き換えればいいけど、一気に変換できたらいいかなって、簡単なプログラムを作りました。
一番簡単で短く書けるのはこれかなって思ったのでHSPで作りました。よろしかったら、コンパイルして使ってね♪


変換元に変換したいタグを入れて、変換ボタンを押すと変換内容が変換後の窓に現れます。変換後の内容をコピーして使ってください。


タグ変換プログラムダウンロード
↑マウスの右クリックで”対象をファイルに保存(A)”を選択して任意の場所に保存してから、利用して下さい。
OS:Windows XP
HSPオフィシャルホームページ



;------------------------------------------------------------------
; HTML 特殊文字変換プログラム '<' '>' 限定バージョン
; HSP Script ver. 2.61
; by みんと♪
;http://minto7mimi.exblog.jp/
;------------------------------------------------------------------
#define MAXBUFF 65000
#define MesboxWidth 600
#define Mesboxheight 100
#define MesboxPosX 20
#define MesboxPosY 10
#define QuitPosX 100
#define QuitPosY 400
#define ConvPosX 30
#define ConvPosY 400
#define CLRPosX 200
#define CLRPosY 400

cls 1
title "HTML 特殊文字変換プログラム'<' '>' 限定バージョン"
objmode 1
alloc buf , MAXBUFF ; 変換前のバッファを確保
alloc conv, MAXBUFF ; 変換後のバッファを確保
buf ="" ; バッファをクリア
conv="" ; バッファをクリア
flg=1 ; 0=編集不可/1=編集可能


pos MesboxPosX , MesboxPosY ;変換前の文字入力ボックス
mes "変換元"
mesbox buf ,MesboxWidth,Mesboxheight,flg+4

mes ""

mes "変換後" ;変換語の文字出力ボックス
mesbox conv,MesboxWidth,Mesboxheight,flg+4

pos ConvPosX , ConvPosY ;変換ボタン
button "変換",*Conversion

pos QuitPosX , QuitPosY ;終了ボタン
button "終了",*Quit

pos CLRPosX , CLRPosY ;入力データの消去
button "消去",*CLRMESBOX
stop


;-----------------------------------------------
; 変換作業
;-----------------------------------------------
*Conversion
i =0 : size = 0 : conv = "" : c = ""
strlen size,buf
for i,0,size,1
strmid c,buf,i,1
if (c = "<"){ c = "&lt;"}
if (c = ">"){ c = "&gt;"}
if (c = "&"){ c = "&amp;"}
if (c = "\""){ c = "&quot;"}
conv += c
next
objprm 1,conv
stop

*CLRMESBOX
conv=""
buf = ""
objprm 0,buf
objprm 1,conv
stop

;-----------------------------------------------
; 終了
;-----------------------------------------------
*Quit
end


至らないところもあるかもしれませんが、ご指導のほどよろしくお願いします。m(__)m
各自の責任において、利用して下さいね♪

みんと♪

# by minto7mimi | 2004-06-22 21:28 | スキン編集
[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2004-07-13 09:11 | ├自作ソフト
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。