<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
 

CSS - FirefoxのFirebugはスキン編集に便利ですね

はじめに

普段のブラウザがFirefox以外でも、ブログのスキン編集にはFirefoxが意外と便利です。私もはじめは別のブラウザを利用していたのですが、Firefoxの機能がとても豊富で私に合っていたので、Firefoxが好きになってしまいまいた。今回は、そんな便利なFrefoxの拡張の一部を紹介させて頂きます。


Firebug

普段はJavaScriptのデバッグに利用しています。ステップ実行と変数の内容を表示できるので便利です。CSSの編集では、各要素の定義を調べるのに使っています手順は次のとおりです。

【手順】
1.Inspectボタンを押して、チェックしたい部分をブラウザの画面をマウスクリックします。

2.Styleタグを押すと、図1に示されるようなStyleをチェックすることができます。

a0031863_7452865.gif

図1 Firebug

【特徴】
 各部分のStyleを調べると、打ち消されて別の指定が適応されている場合は打ち消し線が表示されます。したがって、調べたい部分のStyleがどのCSSで適応されのかが判るので、デバッグにも利用できます。また、Layoutもお勧めです。図2のLayout結果を見ると、marginやpaddingの状況を視覚的に知ることができます。

a0031863_75336.gif

図2 Firebug - Layout

【入手先】
拡張:https://addons.mozilla.org/firefox/1843/

 公式:http://www.getfirebug.com/

最後に

Firebugはまだいろいろな機能があります、残りの機能は皆さんが使ってみて体験して下さい。きっと、驚くような機能が含まれていることに気がつくでしょう。そして便利な機能を発見したら、記事で紹介してみませんか。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-02-25 07:41 | │├デバッグ
 

Vim7 - ビルドして遊んでみる

はじめに

先週からVimを試してちょっとVimに慣れてきました。今日は、自分でビルドして遊んでみました。適当にやったので、参考にはならないと思いますが、自分の覚書として記事にアップします。なにも調べないでやったので、間違っているかも^^;


a0031863_2242274.gif


手順



1.以下のVimのダウンロードからWindows版のPCソースをダウンロードしました。合わせてRuntime files もダウンロードしました。
Vim ダウンロード

2.ftp でftp.vim.orgにアクセス、anonymousでログインします。
私は、FFFTPでログインしました。

a0031863_22284266.gif


3.pub/vim/patches/7.0に移動して、パッチファイルを全てダウンロードします。

a0031863_2233172.gif


4.パッチを当てます。パッチを当てようとしたら、ワイルドカードが利かなくてエラーになったので、以下のような内容を記述した、バッチファイルを作成し、実行してパッチを当てました。フォルダはsrcの上、解凍した場所です。


バッチの内容


for %%a in (x:\vim\7.0.*) do patch -p0 -d . < %%a




5.Make_bc5.makファイルの中で、コンパイラの場所を指定する必要があるようなので、修正しました。私はBorland C++ compilerを使用したので、以下のような内容にしました。


変更


### BOR: root of the BC installation
!if ("$(BOR)"=="")
BOR = d:\bcc55
!endif




6.以下の様にしてビルドしました。

make

  make -f make_bc5.mak GUI=yes IME=yes MBYTE=yes ICONV=yes OPTIMIZE=MAXSPEED




Borland® C++Compiler 5.5無償ダウンロード
http://www.borland.com/jp/products/cbuilder/freecompiler.html


7.以上でビルドを完了したら、生成したexeをVimの実行する場所にコピーして完了です。

最後に

自分でビルドしてみたら動作速度が速くなっちゃた気がします(計測していないんの不明、体感速度です)ビルド自身はそれほど難しくもないので遊ぶにはよさそうですね。まだVim 1週間目の初心者なのですが、自分でいろいろと試しながら理解していくと楽しいですね。自分でビルドもできるようになったので、改造しちゃおうかなって、ちょっと思っちゃっいました。
 これで、最新のVimが使えるようになったので、またVimが楽しくなってきました。emacs使いなのにVimにはまりそうです。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-02-18 22:19 | ├ソフト
 

Viki - Vimエディタで動作するローカルWiki

お知らせ

現時点でのバージョン2.x系はインストール手順が変わりましたので、以下のアドレスをご覧下さい。
Viki 2.x系のインストールについて(VimによるローカルWiki)



はじめに

自分だけのローカルで利用できるWikiにちょっぴり心を動かされてしまう私。今日はテキストエディタのひとつであるviで動作するVikiについて試してみました。
 実はviはUNIXでちょっと触っただけ。実際にはviは昨日から始めたのでまったくの初心者。その辺を考慮して聞いてくださいね。

難易度:★★

ダウンロード

私のOSの環境はWindows XPなのでWindows版のvimを利用します。vim7がちょうどよさそうなので、vim7を利用しようと思います。

1.vim7のダウンロード
KaoriYaさんがビルドしたものを利用させて頂くことにしました。日本語環境にパッチも当たっているみたいなので、自分でビルドするよりもよさそうなのでこれを使ってみようと思います。私はvim7を利用しましたが、心配ならばバージョンを落としてみて下さい。

入手先:http://www.kaoriya.net/#VIM

2.Vikiをダウンロードします。

入手先:Viki

3.multvals.vimも必要なので、ダウンロードします。

入手先:multvals.vim


インストール


1.Viki.zipを解凍し、Vimのフォルダの下のruntimeにコピーします。

2.Vimのフォルダの下のruntime\pluginにmultvals.vimをコピーします。

3. _vimrc ファイルの末尾に以下のコードを追加します。私の設定です。Vim7のフォルダの場所にMyWikiフォルダを作成しその場所でWikiを利用する設定です。なお初期ページはindex.vikiファイルになります。

Vikiの設定


"Vikiの設定
runtime plugin/viki.vim
let g:vikiNameSuffix=".viki"
autocmd! BufRead,BufNewFile $VIM/MyWiki/* set filetype=viki
let g:vikiHomePage =$VIM . "/MyWiki/index"



※vim7のフォルダにMyWikiのフォルダを作っておいて下さいね。


4.Vim7を起動します。
a. gvim7.exeをダブルクリックして、Vim7を起動します。
b. :キーを押して、以下のようにタイプします。この作業で、:help VikiでVikiのヘルプを呼び出せるようになります。

コマンド

:helptags $VIM/runtime/doc




使い方

メニューのPluginをクリックすると、Viki→Homeがあるので、Homeを選択。
この時点でVikiモードでページが開くと思います。
a0031863_20213957.gif


新規でページを作成するには、[[Wikiページ]]などと記入して、CTRL+Enterを押して下さい。ページが作成されます。なお、現在のページは保存してからやらないと、エラーが出るときがあります。


便利な使い方

Vim7でもChangeLogが利用できるので、ChangeLogにして、:VikiModeとコマンドを入力すれば、ChangeLogがVikiモードになって、リンクページを作ることができます。


Vimのキー操作がわからない場合は

Vimのキー操作がわからない場合は、チュートリアルを行うと判るようになります。(私もチュートリアルで必要なところを10分位読んで、実際にためしたら使えるようになりました。)

チュートリアルを実行するためには、:キーを押して以下のようにタイプして下さい。

コマンド

:Tutorial




最後に

Vim7を使った感想は、かなり強力なエディタであると感じました。私はemacsを利用しているからかもしれませんが、Vim7の操作はちょっとチュートリアルを体験しただけで、簡単な操作は利用できるようになりました。(誰でも、チュートリアルを体験すればできるかな)
Windowsのキー操作に慣れていると、このような強力なエディタのキー操作に違和感を感じるかもしれません。でも、なれちゃうとWindowsが使いづらいと感じるようになります。

始めは敷居が高いのでちょっと大変ですが、こんなエディタもいかがでしょうか。きっとVimやemacsが手放せなくなりますよ。


参考記事


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-02-10 20:18
 

Opera@USBをつかってみました。

はじめに

ふだんはOperaを使っていないのですが、USBメモリで使うことができる、OperaUSBを使ってみました。使った感想は体感速度が速くてなかなかよかったです。あとは対応サイトが増えたら良いのだけど、私の利用しているサイトではOperaで見れるサービスが少なかったりとちょっと残念。そんなOperaUSBの体験日記です。よろしかったらご覧下さい。


ダウンロード

まずはじめはダウンロード、USBメモリに入れて試さないとね。
入手先は以下のサイトのPortable Opera @USB International Version をダウンロードしました。

入手先:Portable Opera @USB International Version

日本語版はこちら日本語版の古いのならばこちらから。新しいのはInternational Version の方にリンクで移動します。


日本語化

International Version の日本語化はとっても簡単。

1.Opera @USB を起動。

2.CTRL+F12キーを押します。

3.Languageがデフォルトで日本語(JP)[ja-KP]になっていますが、日本語[ja]に変更します。

a0031863_21234938.gif


4.Opera @USB を終了し、再起動します。

5.以上で日本語化が完了です。


メモが意外と便利

Operaのメモが意外と便利です。閲覧しているサイトで、ちょっとクリップしておきたいときには、文字列の範囲を選択し、マウスの右クリック。メモにーコピー(O)を選択するとメモに取り込まれます。

メモにはURLアドレスが記憶されていて、メモをクリックするとそのクリップしたサイトを開きます。ちょっとしたことをメモしたりするのに意外と便利ですね。


最後に

Operaの良い点はなんでしょうか。私は体感速度の速さが気に入りました。でも、私の利用するサイトではOperaに対応しているサイトが少ないのが残念ですね。これから期待のできるブラウザのひとつかもしれませんね。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-02-03 21:24 | ├ソフト
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。