<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
 

Vim - ChangeLogにWiki機能を追加する

はじめに

VimでChangeLogメモを行っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もVimでChangeLogメモを利用しています。私はChangeLogのほかにもVikiを入れているので,長い文や記事などを書きたいときには :VikiModeと切り替えて,[[リンクページ]]とリンクを作成して,新しいページを作成して利用しています。今回はそんなVimでChangeLogをWikiみたいに利用する方法です。


インストールについて

VimにVikiのインストールが必要になります。
viki - vimで利用可能なローカルWiki


手順

 最も利用者の多いと思われるGVIMでの説明とさせて頂きます。

1. ChangeLogメモを開く。
2. :VikiModeとタイプする。
3. [[リンクページ]]などと新しいリンクページを作成する。
4. [[リンクページ]]の上にカーソルを移動し,CTRL+Enterを押して新規ページを作成する。すでにページがある場合はページが開く。(GVIMでの操作です,Vimの場合はページの上にカーソルをおいて:VikiJumpとコマンドを入力します。)
5. 開いたページを自由に編集する。



最後に

 私はlispが好きなのでemacsを使っているのですが,Vimが好きになってしまいました。日常のメモや記事の下書きなどはほとんどVimになっています。 ChangeLogメモはシンプルですが使い易いメモツールだと思います。ChangeLogメモは長文が苦手なので,私は要点だけを記述するスタイルに自然と変わってきました。その結果,物事が理解しやすくなった気がします。今回の方法はChangeLogをWikiみたいに利用する方法ですが,Wiki内に書いた内容を検索するためにはgrepなどを利用して検索する必要があるため,できるだけChangeLogメモ内でまとめた方が良いかもしれません。

 ただ,このような方法も存在しますので,みなさんのライフスタイルに合わせた方法で自分に合った方法を見つけていただければ幸いです。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-10-27 19:50
 

Charu3をUSBメモリで利用する方法について

はじめに

私のサイトで最近Charu3の利用方法について記事を書かせて頂いています。WindowsのCharu3はクリップボードを拡張するツールですがマクロが使えたり、他のアプリと連携して利用もできる便利なツールです。
 このCharu3のVer 7.05.01以降から、USBフラッシュメモリから利用できるようになっています。USBフラッシュメモリでいろいろなパソコンで利用できればなにかと便利なので試してみました。

KeiziWeb ver 4.3


設定

Charu3の設定についてです。Charu3はCharu3の起動フォルダの中にCharu3.iniファイルがあります。このCharu3.iniファイルのEtcSettingセクション内の、MulchUserを0にすることでUSBフラッシュメモリから起動が可能になります。[1]

a0031863_214545.jpg


[1] デフォルトではログインユーザ別にフォルダを作成し、各ユーザの設定を保存します。この設定を行うと、ログインユーザ別のフォルダを作成せずに全てのユーザが同じ設定を使うようになります。


前のデータのインポート

普段から使っている方は、前に使用していたデータのインポートが必要になります。(以前の設定を取り込まなければ不要です)

1. Charu3のツリーを表示し、マウスの右クリックで 項目処理→インポートを選択します。

2. ユーザ名のフォルダがありますので、そのフォルダの中のCharu3.c3dを選択してインポートします。

3. インポートという名前で階層構造で今までの設定が入りますので、必要な項目をコピーまたは移動して残りを消します。

4. 以上で完了です。


2007年10月24日 追記:
 Charu3の開発者の方から、コメントを頂ました。 Charu3のデータファイルであるCharu3.c3d のファイルをそのままCharu3.exeのある場所にコピーするだけでOKだそうです。この方が簡単なのでお勧めです。
 またCharu3.iniもコピーが可能で、DataFile=の行を削除すれば自動でデータファイルを探すそうです。便利ですね。これからは、この方法でバージョンアップしたいと思います。


関連記事


ぽっとの陽だまり研究室 : Life Hack - ブログやHTMLの入力を楽にする方法(その3)
ぽっとの陽だまり研究室 : Life Hack - ブログやHTMLの入力を楽にする方法(その2)
ぽっとの陽だまり研究室 : Life Hack - ブログやHTMLの入力を楽にする方法(その1)


おわりに

Charu3の説明書にUSBメモリで使う方法が記述されているのでご存知の方もいらっしゃると思います。でも、細かい記述を読んでいないと気づかないものです。私も、Charu3の開発履歴を読んでUSBメモリでも利用できることを知りました。(先にこの記事を書こうと思ったのですが、やはりCharu3の良さを先にお伝えした方がよろしいかと思いましてこのような順番になりました)
 私はいろいろなアプリケーションを試すときに、開発履歴を先に見ます。どのような開発をされてきたのかを見たり、新しい機能が追加されていないかなどをチェックする場合にも見ます。今回のUSBメモリで起動する方法もこの開発履歴に記述されていました。
 意外に開発履歴を見ることは少ないと思いますが、新しい機能やバグの情報など有益な情報が開発履歴には記述されていますので目を通しておくと良い場合もあります。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-10-20 21:45 | ├ソフト
 

Life Hack - ブログやHTMLの入力を楽にする方法(その3)

はじめに

テキストでも見やすい形式としてMarkdownがあります。このMarkdownのオリジナルはperlで作成されており、このスクリプトをCharu3から実行し、選択範囲のテキストをMarkdownでHTMLに変換してみたいと思います。Charu3でひとつづつHTMLコードを入力するのではなく、Markdownの書式で入力し、一気にHTMLに変換して楽をしちゃう方法です。

 Charu3でperlなどのスクリプトを利用するときは、うっちーさん作の"コンソールアプリ起動プラグイン"を利用すると便利です。

難易度:★★★
ちょっと初心者さんには難しいかもしれません。でも、この方法は応用ができていろいろなスクリプトを作ることができるので楽しめる方法でもあります。腕に自信のある方は、スクリプトを公開してもおもしろいと思います。(ブログのネタが増えちゃうよ)


ダウンロード


KeiziWeb ver 4.3
うっちーさん作の"コンソールアプリ起動プラグイン"をダウンロードして下さい。ダウンロードしたら、dllファイルをCharu3のpluginフォルダにコピーしておきます。(S-JIS版はCharu3ExecEx.dllをコピーします。私がS-JIS版のCharu3を利用しているのでS-JIS版で説明させて頂きます。)

Daring Fireball: Markdown
Markdownをダウンロードします。

ActiveState - ActivePerl Features - Dynamic Tools for Dynamic Languages
Windows版のperlはmsiがセットアップが楽です。ダウンロードにユーザ名を入れないとダメになったのかな?以前はスキップできたのだけど・・・


導入手順

perlがすでに利用できることを前提にしています。perlについてはWebなどで検索して下さいね。

1.うっちーさん作の"コンソールアプリ起動プラグイン"を解凍し、Charu3のpluginフォルダに、Charu3ExecEx.dllをコピーします。

2.Charu3のフォルダ下にscriptsフォルダを作成し、Markdown.plをコピーします。

3.Charu3を起動し、以下のコードをテキスト編集部分と拡張マクロに以下のコードを入れます。



テキスト編集


<charuMACRO>$PLUG-IN<.\plugin\Charu3ExecEx.dll,$SEL>$PLUG-IN</charuMACRO>



拡張マクロ


ExecCmd=perl .\scripts\Markdown.pl



a0031863_20141632.jpg


5.以上で設定が完了します。


使い方

ブログの投稿欄やエディタで以下の様に入力して、変換したい文章を選択し、Charu3でMarkdownを選択します。するとHTMLに変換できます。簡単な書式でブログの記事が入力できるので楽ができます。

### はじめに
 この文章はテストです。

    ↓

<h3>はじめに</h3>
<p> この文章はテストです。</p>



Markdownの書式について

 Markdownの書式については以下のサイトが詳しく分かりやすいと思います。
2310::blog: Markdown文法の全訳



関連記事

ぽっとの陽だまり研究室 : Life Hack - ブログやHTMLの入力を楽にする方法(その2)
ぽっとの陽だまり研究室 : Life Hack - ブログやHTMLの入力を楽にする方法(その1)



最後に

 Charu3とコンソールアプリ起動プラグインを使うと、Perl以外にもRubyやWSHなど、コンソールから起動でき、標準出力を取り込んで、反映することができます。GUIを作らず簡単なスクリプトで編集作業が楽になりますので、みなさんの使いやすい、スクリプトなどが公開されるといいなぁって思っています。私も、なにか使いやすいスクリプトなどありましたら公開もしたいと考えています。 よろしければ、いろいろと試して下さいね。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-10-13 20:14
 

Life Hack - ブログやHTMLの入力を楽にする方法(その2)

はじめに

今日は、Charu3を使ってちょっと便利なHTMLタグの入力です。HTMLタグを入力した後に、カーソルを移動して入力を楽にしてみたいと思います。AutoHotKeyでもできるのですが、Charu3でもできますので、好きな方法で楽してブログライフを楽しんでくださいね。


例題

私は項目毎に<h3>と入力し、<p>の中に文章を書き始めます。この<h3>と記入し、項目名を書いてから</h3>でタグを閉るのですが、タグを入力するのが面倒です。そこで、Charu3に登録して使うと思うのですが、カーソルを移動して、もっと楽にしたいと思います。

Charu3の登録部分に、<h3></h3>と入力しその後に、<charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY>を5個入れています。これは、左カーソルを5回押すことと同じです。

Charu3登録コード h3


<h3></h3><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY>




a0031863_1518252.jpg

図1 登録画面

実はキーを5回押すと指定できるのですが、うまくできないケースが多いので、このようにしてみました。このコードを登録すると、タグを入力し、カーソルがタグの中まで移動するので、入力が少し楽になります。この他に選択文字列をタグで囲むこともできますので、いろいろと試して下さいね。


他にも


p の場合


<p></p><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY><charuMACRO_KEY>left</charuMACRO_KEY>



ダウンロード

Charu3は以下のサイトからダウンロードができます。

KeiziWeb ver 4.3


他の方法

他の方法として、AutoHotKeyを利用する方法もありますので、よろしければこちらもご覧下さい。

Life Hack - ブログやHTMLの入力を楽にする方法(その1)


最後に

今回はCharu3のキー入力方法の応用です。Charu3はまだいろいろな機能があるので、ブログのネタを探すにも良いですよ。なにか面白いアイディアなど見つけたら、記事を書いて教えて下さいね。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-10-07 13:57
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。