<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
 

Vim初心者::長い行を直感的に移動する方法について

はじめに

 Vimをはじめて使うと、モードとか、カーソルの移動のところがちょっと違うのではとか、いろいろと気になる点がでてくるかもしれません。
今日は、Vimで改行を入れないで長い行を入力したときのカーソル移動のことについてです。
キーマップでカーソルに割り当てることについても書いちゃいます。
 でも、なれたらVimの流儀で操作すると新しい発見があるので、初心者でもVimの流儀にもなれるとちょっとだけいいことがあるかもしれませんよ。

カーソル移動

改行を入れずに1行で長い文字を入力したときに、カーソルを下に移動したら直感的には1行目の文字が折り返している位置。つまり、カーソルの直下にカーソルが移動すれば直感的にはわかりやすいです。
でも、Vimだとカーソルのすぐ下ではなく、次の行に移動しちゃいます。

 Vimを使い始めたころはこの仕様に違和感を感じるかもしれません。でも、ちゃんと移動コマンドが用意されていて gj と gkで移動ができます。

 この場合だと、ノーマルモードで gj とタイプすると画面上の1行下に移動します。

カーソル移動概念図


1: ■aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
2: ■ 

 ■がカーソル位置。1行目の1桁目にカーソルがあり、下矢印キーで移動した場合、画面上では3行目(正しくは2行目)に移動しちゃいます。




カーソルに割り当てちゃう

たぶん,gj gkを忘れちゃうので矢印キーに割り当てちゃうとちょっとだけ操作が楽になります。なれたらgj とgk も利用するとよいかもしれません。
WindowsのVimならば、_vimrcなどに以下のコードを記述しておくとカーソルキーで移動が直感的にできるようになります。j kは書き換えていないので、ちょっと良いかもと思っていますが、いかがでしょうか。

_vimrc


map <Up> gk
map <Down> gj
imap <Up> <Esc>gka
imap <Down> <Esc>gja




最後に

Vimは使いづらい。そう思われる方も多いのかもしれませんね。私は、VimはVimの個性として受け入れながら利用しています。そんな風に利用していると、小さな発見をするときがあります。
 でも、使いづらいと思うのならば無理して使う必要はありません。他にもテキストエディタはあるので、ご自分にあったテキストエディタを使うことが一番だと思います。

ちょっと、余裕のある方などはVimやemacsに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。普通のテキストエディタには無い何かを、発見しちゃうかもしれません。
私はVimに慣れちゃって、emacsよりも利用頻度が多くなってきました。Vimの魅力はなになのか、私はまだわかっていません。でも、なぜだか気がつくとVimを使っています。そんな不思議な魅力に惹かれて今日もVimを利用しています。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-12-30 01:10 | ├ソフト
 

Vimを利用したCSS編集

はじめ

ブログのスキン編集などにはCSSでいろいろと配置や装飾などを行う際に、ブラウザ上で編集も良いのですが、テキストエディタで編集するといろいろと便利なこともあります。私はメインのテキストエディタがVimで、ときどきemacsを利用しています。この2種類のエディタはいろいろと便利で手放せなくなってしまいました。
今日は、このエディタの中のVimを利用してCSSの編集などのお話を書いてみたいと思います。
 なお、Vimの達人のようにうまくできないので、見苦しいところは適当にスルーして下さいね。


Vimの入手について

WindowsのVimは香り屋さんから入手するのが比較的楽です。(私は自分でビルドして利用しています。)

圧縮されたものを解凍し、gvimを起動すればメニューもあって便利です。ただし、はじめての方は扱いに戸惑うかもしれません。

http://www.kaoriya.net/


まずはファイルタイプをCSSに変更してみる

通常、ファイルの拡張子がCSSならばCSSとして認識します。コピペだけでファイルに保存もしないでも、現在のファイルをCSSとして認識させるには以下のコマンドを入力します。

CSSとして


:set ft=CSS



 以下のようにCSSのコードが色別に表示されて見やすくなります。なお、このCSSはエキサイトのデフォルトのCSSです。

a0031863_20151381.gif


ついでに、タブを4文字にすると見やすいかもしれませんね。

タブの設定


:set ts=4
:set sw=4




デバッグ

CSSを見やすくするとコメントの閉じ忘れ、{の閉じ忘れなどが見分けやすくなります。意図的にコメントを閉じ忘れしたのが以下の図です。コメントは青く表示されているので次のA:LINKもコメントとなり、期待した動作が行われません。
しかし、このように表示が色分けされているので、見分けやすくなります。

a0031863_20152843.gif



補完機能

Ctrl+x Ctrl+oでタグ閉じやキーワードの補完ができます。うろ覚えでも思い出すことができます。
 次の例はpとタイプした後に Ctrl+x Ctrl+o を押してCSSの候補を表示した例です。

a0031863_20153785.gif


最後に

まだまだ、いろいろな面白い機能が満載です。他のテキストエディタでも色分け表示は可能な場合がありますので、ご自分のテキストエディタのマニュアルなどを読んでみると面白いかもしれませんね。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-12-20 20:14 | ├CSS
 

Vim 7.2をビルドして遊んでみました

Vim 7.2をビルドして遊んでみました

VimがVer7.2になっているのを知らなくて、今日、ビルドして遊んでみました。Ver7.1の時にはChangeLogでエラーが出ちゃって、結局プラグインを入れて対策したけど、今度は大丈夫みたいですね。

参考までにビルドのメモは以下のサイトにアップしておきますね。
http://www2.potto.client.jp/vim72build.html [1]


[1] こっそり、ビルドしたものをアップしようとしたらサーバにアップできなかったorz
別のアップできるサーバを用意しないと無理そう ;;

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-12-19 23:25
 

Firefox 3.1b2を試してみました

はじめに

Firefox 3.1b2を試してみましたを。もちろん、Portable化してのテストです。Portable化はFirefox PortableにFirefox 3.1b2を入れる方法で行いました。
 利用した感じでは、だいぶ動作がキビキビとして速い感じがします。 今回は、このFirefox 3.1b2を試した時のメモです。まだβ版なのでテスト利用を目的とした場合のみのご利用をお勧めします。




プライベートブラウジング

 ユーザーの履歴を残さないプライベートブラウジングが搭載されています。
 ツール(T)のプライベートブラウジング(B)を選択することで、利用できます。現在表示されているタブは保存され、プライベートブラウジングのモードに以降します。ウンロードしたファイルと作成したブックマークについては保存されます。

a0031863_22303365.gif



拡張について

まだβ版なので使えない拡張もありますが、userChrome.jsが利用できるので、マウスジェスチャーなどもuserChrome.jsで実装すれば可能です。また、Stylishも利用可能でした。この2つが利用できれば、私としては満足なので、β版でもう少し試してみたいと考えています。


userChrome.js 0.8
JavaScriptでいろいろと拡張ができます。対応していない拡張の代替などにも利用できたりと便利です。自分で書かなくても主なものは探すと見つかります。私はマウスジェスチャー利用させて頂いています。

Stylish
Webの広告を削除したり、見た目を変えることができます。Firefoxのメニューも消すこともできるので、意外と便利だったりします。


最後に

私個人的には、Firefoxが拡張できて使いやすい気がします。周りはFirefoxは遅いからつかえないよって、言われるけど。もう、速度は速くなってるのだけどなぁ。でも、私は速度の遅いときから利用しているので、速度よりも拡張性を重視しているのかもしれませんね。今度のリリースが楽しみです。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-12-09 22:30
 

orgmemo.el :: Org-modeでメモ on emacs

1.1 はじめに

 emacsに標準に搭載されているOrg-mode( Outline-based notes managementand organizer.)。このOrg-modeはアウトライン表示が可能で予定の管理もできる優れものです。実は私はこの存在を知りませんでした。たまたま、チェックだけして見忘れている記事の整理をしていたら、このOrg-modeの紹介があり、使い始めたらもしかしてこれは便利かもと思い始めました。

 このOrg-modeを利用してChangLogのように日付で、上から記述していったら、メモや記事の下書きを書き溜めるのに便利かもと思い、簡単なLISPを書いてみました。自分の記録用としてのメモです。
なお、私はOrg-modeの最新バージョンである6.13aで利用しています。EmacsはNTEmacsを利用しています。

難易度:★★★★
Emcasが利用できる方は★にも満たないけど、Emacsが利用できない方には、ちょっと難しいかも。

公式:Org-mode


1.2 Org-modeとは

 Emacsで利用できるアウトラインエディタにスケジュールやTODO、そしてその機能を利用してGTDなどもできちゃう便利なモードです。HTMLやテキストに出力できたりと便利です。機能が豊富すぎるので、マニュアルを全部読むと大変です。はじめは自分が必要と思われる部分を読んでから利用して、少しづつ理解するとよさそうです。(まだ私は理解できていません)

1.3 機能

 指定したファイルを開き、1行目に日付を記述。今日の日付が1行目に記述されている場合は項目だけど追加。

書式の例


   * <2008-12-24>
** ケーキを作る。
** ケーキの材料...
** クッキーを作る
** お花を飾る
* <2008-12-23>


1.4 入れ方

 以下のソースをダウンロードしてを保存するか、 .emacsに書いちゃえばOK。私はC-x N で新規作成にしています。
※6.13a用なので、デフォルトは修正必要かも。

orgmemo.elダウンロード


私の.emacsの内容Org-mode 6.13a用


.emacs


;;Org-modeでメモを作成
(add-to-list 'load-path "~/elisp/")
(require 'orgmemo )
(define-key ctl-x-map "N" 'orgmemo)

;;Org-modeの設定(Org-modeの設定)
(add-to-list 'load-path "~/elisp/org-6.13a/lisp")
(setq load-path (cons  "~/elisp/org-6.13a/lisp" load-path))
(require 'org-install)

(add-to-list 'load-path "~/org")
(require 'org)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.org$" . org-mode))
(define-key global-map "\C-cl" 'org-store-link)
(define-key global-map "\C-ca" 'org-agenda)
(define-key global-map "\C-cb" 'org-iswitchb)

(global-font-lock-mode 1)                     ; すべてのバッファで有効
(setq org-log-done t)

(setq org-agenda-files (list "~/org/予定.org"
"~/org/inbox.org"
"~/org/home.org"))

(defun gtd ()
(interactive)
(find-file "~/org/mygtd.org"))

(defun inbox ()
(interactive)
(find-file "~/org/inbox.org"))


;;Org-modeでメモを作成
(add-to-list 'load-path "~/elisp/")
(require 'orgmemo )
(define-key ctl-x-map "N" 'orgmemo)




1.5 orgmemo.el


orgmemo.el


;;---------------------------------------------------------------------------
;; orgmemo.el Ver. 0.1.4
;;---------------------------------------------------------------------------
;

(provide 'orgmemo)
(require 'orgmemo)


(defvar orgmemo-file "~/org/inbox.org")   ;編集ファイル名
(defvar orgmemo-date-format "* %Y-%m-%d" ) ;日付の表示


;; メモを追加
(defun orgmemo()
  (interactive)
    (find-file orgmemo-file)
    (goto-line 1)
    (beginning-of-line)
    (if (looking-at (format-time-string  orgmemo-date-format))
(orgmemo-add-item)
(orgmemo-new-item))
    )


(defun orgmemo-new-item()
  (interactive)
  (org-overview)

  (goto-line 1)
  (org-cycle)
  (beginning-of-line)
  (insert "\n")

  (goto-line 1)
  (beginning-of-line)
  (insert (format-time-string  orgmemo-date-format))
  (insert "\n** ")
  (goto-line 2)
  (end-of-line))

(defun orgmemo-add-item()
  (interactive)
  (org-overview)
  (goto-line 1)

  (org-cycle)
  (end-of-line)
  (insert "\n** ")
  (goto-line 2)
  (end-of-line))




;;; orgmemo.el ends here




1.6 参考になるサイト


1.7 最後に

じつはこの記事はOrg-modeで記述し、HTMLを出力して少し修正してからアップしました。Org-modeは現在編集しているところ以外を見えなくしたりできるので、記事の編集に専念できます。もう少し利用してメモ環境として利用できるか、試してみたいです。あ、私のLispはいい加減なのでもし利用する場合は適当に修正してくださいね。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-12-05 21:30
 

PDF-XChange Viewerが日本語が普通に扱えるように

PDF-XChange Viewerが日本語が普通に扱えるようになったみたいです

 PDF-XChange Viewerをたまたまバージョンアップして利用してみたら、日本語が普通に利用できるようになっていました。コメントの日本語も普通に利用できるようです。
 今まではちょっと工夫して日本語を入力していましたが、これからは普通に入力できそうです。PDFファイルにコメントを入れるのが楽になりそうなので、ちょっと嬉しいですね。よろしければ、以下のサイトを御覧下さい。

a0031863_20253354.gif


窓の社 - PDF-XChange Viewer

※たぶん、みなさんご存知ですよね。

参考までに

以前は、日本語の入力がうまくできなくて、ワンクッション必要でした。その方法は以下の通りです。

PDF-XChange Viewerで日本語を楽に入力する方法案

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-12-05 20:25
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。