教科書学習方法:SQ3R

はじめに

教科書などを読んで学ぶ時に,便利かもしれない学習法のご紹介です。その手法の名前はSQ3Rです。

SQ3Rの手順であるSurvey,Question,Read,Recite,Reviewの5つの頭文字をとったもので,日本語にすると以下のようになります。


SQ3Rの手順

1.Survey:概観(飛ばし読み)
2.Question:設問(問い)
3.Read:読む(答えをみつける)
4.Recite(Recap):復唱(答えを書く)
5.Review:見かえし(答え合わせ)



詳しくは以下のリンクからご覧下さい。1~5頁まで読むことで理解ができると思います。





手順


1.Survey:概観(飛ばし読み)

ざくっと本を見ます。わたしはペラペラとページをめくって,大まかになにが書いてあるのかを把握します。目次や,はじめになどに目を通したり,図などを見たりします。この時間は長くても2分程度でしょうか。速くページをめくってだいたい何が書いてあるのかなんとなく感じます。


2.Question:設問(問い)

自分の知りたいことを質問形式にします。質問の文は以下の3つのポイントを守って書くと良いです。質問は7つぐらいあると良いと思います。また読んだ文を見ないで自分の言葉で書くことが重要になります。

1) 主語と述語で文を書く。
2) 紙など残るものに書く(パソコンでも可)
3) 自分の言葉で表現する。


3.Read:読む(答えをみつける)

答えを探すように読みます。このとき,メモをしません。


4.Recite(Recap):復唱(答えを書く)

本を読んで頭の中でまとめます。本を見ないで自分の作った質問を見ながら答えを書きます。ポイントは以下の3つです。

1)頭の中でまとめる。
2)質問を見ながら,自分の言葉で書く。
3)本を見ないで書きます。


5.Review:見かえし(答え合わせ)

本を開いて,まとめた答えが適切か確認します。またこの段階で大切な質問がでてくることがありますので,その質問の答えも探すと良いかもしれません



最後に

やってみるとわかるのですが,最初は頭の中で構築し,自分の言葉に落とし込むのが難しいかもしれません。ただし,やることで訓練になっているようで,頭の中で構築することが慣れてくるような気がします。

また,自分の理解がなんと曖昧なのかなど,自分と向き合うようになりました。

私の説明よりも論文を読んでいただいて,実践するとなにか得ることができると思います。


難易度:★★★
まずはやってみる。やってみるとわかることもあります。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
# by potto37 | 2016-01-02 22:25
 

あけましておめでとうございます



あけまして,おめでとうございます。
今年も皆さんにとって,良い年でありますように。
いつも遊びに来ていただきありがとうございます。

ぽっと





掲載中の付箋は,以下の記事の内容を利用しています。
お洒落な付箋紙(両サイドの猫ちゃんバージョン)
[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
# by potto37 | 2016-01-02 09:54
 

ブログツールのCharu3でMarkdown記法を使って楽をする。

はじめに

 Unicode版のCharu3でMarkdownを利用するときには文字コードの変換が必要になります。詳しくは作者さんのブログを読むことで理解できます。今回は前回の記事をUnicode対応にする部分に関して,簡単な記事をアップさせて頂きます。




対応OS:Windows 98,2000,xp以降
※私はWindows 7で動作を確認しました。

難易度:★★★


準備

まずは作者さんの以下の記事に従って,nkfを入手します。そして指示とおりにインストールします。もちろんmarkdown.plとPerlも準備してあるものとします。



Charu3の設定


テキスト編集


<charuMACRO>$PLUG-IN<.\plugin\Charu3ExecEx.dll,$SEL>$PLUG-IN</charuMACRO>


拡張マクロ


ExecCmd=cmd /c nkf -e | perl .\scripts\Markdown.pl | nkf -w16L0



Charu3ってなに

 まずは作者さんのサイトの動画をご覧下さい。テキストを書いたり編集したりする作業が楽になります。


使ってみたくなったらダウンロードしてみよう

使ってみたくなったらダウンロードして実際に使ってみる方が早いです。以下のサイトからダウンロードできます。今回は確認のために改めてモバイル版をダウンロードしました。

KeijiWeb ver 4.3


Charu3 Lesson(作者さんのサイト)



気に入っている記事(作者さんサイト)



最後に

この記事はMarkdownで書いているのですが,Charu3を利用することで,簡単に書くことができました。Markdownで書くコツは,一気に変換せずにちょこちょこと変換して,HTMLコードが自分の思うようになっているかを確認するのが良いみたいです。
Charu3は使い続けて長いです,ホットキーがAlt+Xでemacsと干渉するので,他のキーに変更しています。ホットキーが変更できるのも作者さんの思いやりですね。こんな使いやすいソフトをアップし続けてありがとうございます。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
# by potto37 | 2014-01-08 20:09 | ├ソフト
 

極小ローカルサーバでPukiwiki


2013年12月28日
現在,Micro-Apacheのサイトが消失しており,アーカイブからダウンロードすることができます。
http://microapache.kerys.co.uk/

http://custodesblog.wordpress.com/
こちらのサイトにもあるようですが,中身をまだ確認していません。

極小にこだわらないのならば,USBWebserver v8.6が簡単で私はこちらを現在使用しています。



追記 2010年10月09日
Micro-Apacheのサイトが変更されています。以下のサイトからアクセスしてご利用下さい。
http://microapache.kerys.co.uk/






はじめに

以下の記事を読んでこのサイズならばUSBフラッシュメモリに入れても気にならないサイズ[1]と思い、Micro-Apache でPukiWikiを試してみました。その結果、不要なモジュールが読み込まれていないので動作が軽い気がしました。(体感なのであてにならないです^^;)

MOONGIFT: » フロッピーサイズのApache「Micro-Apache for Windows」

注意:現在使っていて問題がないですが、必要なモジュールがあるかもしれません。

[1]XAMPP Lite 1.6.5 のサイズが、115MB(ディスク上 120MB)に対して、Micro-Apache が 1.03MB(ディスク上1.11MB)と1/100のサイズなので、ほとんど気になりません。


ダウンロード


 Micro-Apache をダウンロードします。今回はMicroApache 2.0.61+PHP 4.4.7
にしました。ダウンロードファイルはサイトの左側にあります。ちょっと分かりづらいです。

http://microapache.amadis.sytes.net/#install-portable

http://microapache.amadis.sytes.net/bin/MicroApache-2.0.61-PHP-4.4.7.zip


[2] 私は古いけど、Ultra-Micro-Apache 1.3.27がさらに小さいので利用しています。


サーバの設定手順

解凍先はUSBメモリのルートにMicroApacheフォルダを作成して下さい。サーバを起動したときのドライブのルートから見て、MicroApacheフォルダのhtdocsがドキュメントフォルダに設定してあります。

1. MicroApacheをダウンロードする。
私は以下のファイルをダウンロードしました。ものによっては httpd.conf の設定が違いますので注意して下さいね。

MicroApache-2.0.61-PHP-4.4.7.zip

2. MicroApacheフォルダを作成し,MicroApacheをそのフォルダの中に解凍する。

3. MicroApacheフォルダの下に htdocs フォルダを作成する。この中にPukiWikiを入れる予定。

4. /MicroApache/conf/httpd.conf ファイルをテキストエディタで開いて,以下の通り修正する。

a. ServerName microapache の箇所を探して,以下の通り変更する。

設定1


ServerName localhost



b. DocumentRoot / の箇所を探して,以下の通り変更する。

設定2


DocumentRoot /MicroApache/htdocs



c. 以下のコードを追加する
設定3


<Directory /MicroApache/htdocs>
    Order deny,allow
    Deny from All
    Allow from localhost 127.0.0.1
</Directory>



5. 以上でサーバの設定は終わりです。


Pukiwikiの簡易導入手順


1. PukiWikiをダウンロードする。

FrontPage - PukiWiki-official

2. PukiWikiを解凍し、フォルダ名をpukiwikiとする。

3. pukiwikiフォルダ毎、/MicroApache/htdocsフォルダに入れる。

4. pukiwiki.ini.phpファイルについて必要な設定を行います。パスワードなどを設定しておくとよいでしょう。

使い方


1. MicroApacheの中にある、go.batをクリックして実行します。ちゃんと起動しなかったら、httpd.conf の設定が間違っています。

Windowsのファイアーウォールが起動しますが、ブロックしても大丈夫だと思います。

2. ブラウザで以下のアドレスにアクセスします。
アドレス


http://localhost:8800/pukiwiki/



3. 以上で完了です。自由にPukiWikiを楽しんでくださいね。終了するときには、MicroApacheの中にある、stop.batファイルをクリックしてサーバを落として下さいね。

最後に

 Micro-Apache は極小でいいですね。PukiWikiならばMySQLも必要ないので軽く動作するようです。USBフラッシュメモリに入れても、ディスク上のサイズで3MB(PukiWikiを入れて)なので、どんなに小さなUSBフラッシュメモリでも入れることができます。
 Apacheの設定に関しては、詳しいサイトがあると思いますのでgoogleなどで検索して下さいね。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
# by potto37 | 2013-12-28 22:50
 

よいクリスマスであるように

今年もサンタさんを追跡

もうすぐクリスマスですね。今年も、NORAD(ノーラッド)のサンタ追跡プログラムが楽しみですね。

a0031863_15342826.gif

http://www.noradsanta.org/


人物素材は以下のサイトからお借りしました。
フリー素材Cafe Part2~人物や犬・花・季節のイラストや画像
[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
# by potto37 | 2013-12-24 19:44
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。