タグ:アイディア ( 1 ) タグの人気記事

記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
 

アイディアツールのピックアップ

はじめに

私のアイディアツールはリアルの紙とペンです。A4やA3のコピー用紙の裏紙にボールペンでアイディアを書いていきます。中心から書き始めて次々にアイディアを書いて、階層構造的に視覚的に書いていきます。イラストや文字でいっぱい埋めていきます。ちょうどマインドマップみたいな感じでしょうか。学生時代からずっと、その方法です。
 パソコンでもそのようなことが出来るのですが、やっぱり紙とペンを使う方が好きです。パソコンのソフトは考えが煮詰まったときなどや、誰かに見せるときの清書の為に使っています。(メインはやっぱり紙なのよね)

今回はそんな、パソコンでアイディアを整理するツールをピックアップしてみました。



パソコンのツールを使う前にリアルのお話

アイディアを整理するのには紙とペンが意外と便利です。イラストも文も簡単に手早く書けることと、間違ったら棒線で消して残しておけることでしょうか。始めは間違ったアイディアと思っていても、そのアイディアが最も良いときがあります。また計算間違いなども消しゴムで消さずに棒線で消しておくと後で役に立つときがあります。
 
 紙に書くのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、紙とペンの良さを知ってしまうと手放せなくなります。いろいろなものを試して、自分に合ったものを見つけて下さいね。



階層構造系

やはり階層構造にアイディアをまとめるのが私は好きなので、マインドマップのツールのひとつであるFreeMind を使っています。でも、これって清書用に利用ているのよね。(アイディア出すためじゃないって突っ込み入れないでね)
他にも調べてみると、コンセプトマッピング(概念地図法)なんかもあるみたいですね。

マインドマップ

フリーで使えるものとしては、FreeMindがお勧め。Javaを入れる必要があるけど、日本語も問題なく使えて画像も表示可能。キーボードで操作ができるので、キーボード派には特にお勧め。私も使っています。

Main Page - FreeMind - free mind mapping software



コンセプトマッピング(概念地図法)

概念を地図の形で表す方法で、階層構造的に記述していきます。このソフトもJavaを必要とします。日本語で使うことができ、マウス操作が主体になります。非商用目的であれば無料で使うことができますが、登録が必要になります。ダウンロードがちょっと難しいかも。ちょっと使ってみた感想は、編集画面そのままのイメージでWeb形式にエクスポートできるのがいい感じですね。

CmapTools - Home Page Cmap.html




マインドマップ関連のリンク

マインドマップ関連の情報はブロガーの間でも多いですね。使っている方が多いのかな。

アイディア出しツール「bubbl.us」 - [ビジネススキル]All About
@IT:マインド・マップとUMLを使った要求分析支援(前編)
第1回 マインドマップって何? --- 注目技術の理由と特徴:ITpro
第2回 議事録と会議ナビ --- チームの合意をすばやく作れ!:ITpro
第3回 ブレインストーミング --- 広がるアイディアをつかまえろ!:ITpro
第4回 ロジカルシンキング --- 概念を分類・整理しよう!:ITpro
第5回 まとめ --- アイデアの収集・整理・表現とマインドマップの有効活用:ITpro




コンセプトマッピング関連のリンク

コンセプトマッピング関連は教育関係が多いようですね。日本ですと、概念地図法で検索した方がいろいろな情報が得られそうです。分かりやすいのを少しだけピックアップしてみました。

教育現場で成果あげる「コンセプトマッピング」
情報整理の新しい方法「概念地図法」



他のツール

他にもアイディアをまとめるツールをピックアップしてみました。

アウトラインプロセッサ - Wikipedia
窓の杜 - アイデアプロセッサー
思考支援ツール IdeaFragment2
Kondoh MH HOME PAGE



最後に

アイディアをまとめるツールはいろいろありますが、私は紙とペンが好きです。これは好みですから、皆さんは良い方法を見つけて下さいね。私が何かアイディアが閃くときは、仕事中よりも、歩いているときや遊んでいる時の方が多い気がします。アイディアを沢山出してもう考えつかなくなったら、なにか別のことをしたり、また自分の好きなことをしてみるとよいかもしれませんね。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-09-08 00:40 | Trackback | Comments(0)
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。