タグ:GTD ( 3 ) タグの人気記事

記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
 

Vim - TaskPaperでGTD

はじめに

 私はVimでGTDを実施しています。VimでTO-DOをビジュアルにできることが以下の記事で知りました。完了した項目はグレー表示で消すことができます。完全に消さずにその仕事が終わったことが見えるので、達成感もあるかもしれません。今日はそんな便利なツールを使ってみました。


テキストファイルを使ったシンプルなWebタスクアプリケーション
a0031863_2110537.jpg



導入手順


1.以下のサイトからプラグインをダウンロード

http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=2027

2.ダウンロードしたファイルを解凍し、Vimのruntimeフォルダに入れる。

3. Vimを起動し、以下のコマンドを入力する。

コマンド


:helptags $VIMRUNTIME/doc



4. 以上で導入完了

書式


 書式のイメージは以下の通りです。各プロジェクトの最後に:を入れて改行し、タスク毎に - で1行で記入します。@マークでキーワードなどを書いておきます。(キーワードを書かなくても良い)

書式の一例


プロジェクト名1:
- タスク1 @キーワード
- タスク2 @キーワード
- タスク3 @キーワード

プロジェクト名2:
- タスク1 @キーワード
- タスク2 @キーワード
- タスク3 @キーワード





簡単な使い方


1. 拡張子を .taskpaper としてファイルを作成しVimで開く。

ファイル名の一例


gtd.taskpaper



2. 完了したタスクにカーソルを合わせて、 \td とキーを押す。

3. カーソル行が灰色に表示される。


キーの簡単な説明

 キーの簡単な説明です。実際に試してみると良いです。

キーの簡単な説明


\td タスク完了(グレー表示にする)
\tc カーソル下のキーワードと関連するタスクを全て表示する。
(タスクの最後に @キーワード としておくと良い。)
\tp 全てのプロジェクトを折畳む()
\ta 全てのプロジェクトとタスクを表示。





不具合でしょうか?

 私のビルドしたVimのバーションの問題もあるかもしれないので、なんともいえないのですが、始めに読み込んだ拡張子が.taskpaper のファイルは問題なくできるのですが、2回目以降に読みこんだ、拡張子.taskpaperのファイルは処理できないことがありました。 その場合はVimを終了してからもういちど立ち上げて読み直すと問題なくできました。私の環境だけかもしれませんが、もしそのような現象が発生した場合はVimを再起動してみるのもよいかもしれません。

最後に

 テキストエディタでGTDが気に入っています。テキストエディタは手早く簡単にできるので私にはちょうど良い気がします。今回はビジュアルにGTDができるようになったので、嬉しいです。このまま続けてみたいと思っています。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-01-25 21:10 | ├ソフト | Trackback | Comments(0)
 

GTD - テキストエディタで始めるGTD

はじめに

GTD(Getting Things Done )については多くのサイトや書籍で紹介されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
GTDの中でもアクションの整理方法として、Inboxに入れてから整理する手法についてはいろいろな方が工夫をされて、紙とペンで処理する方法からアプリケーションで処理する方法まで多彩な方法が紹介されています。

 今回は、私が行っているテキストエディタを使う方法についてです。たぶん、この方法はだれでも思いついて実際に同じことをしている方が多いのではないでしょうか。特定のアプリケーションを必要とせず、パソコンのスペックを気にしないでもできるので長続きしています。

GTDのアクションの整理手順などの情報

 GTDのことについては以下のサイトをご覧になれば大体つかめると思います。また書籍もありますし、雑誌などでも紹介されているようなので機会があれば目を通すのも良いかもしれません。まずはじめは以下のサイトなどを参考に実際に紙の上で体験する方が良いかもしれません。

 うまくできなくても、自分で一人でやるので内緒でできますしね。うまく機能し始めたら、続けてもよいし、別の手法が気に入ったら他の方法を試しても良いですしね。

Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (1)
Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (2)
Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (3)
Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (4)

用意するもの

用意するものはお気に入りのテキストエディタと、カレンダーか手帳。そしてUSBフラッシュメモリなどがあるもさらによいかもしれません。


手順

テキストエディタで処理する内容は以下のとおりです。

1.USBメモリなどにGTDのフォルダを作ります。

2.GTDのアクションを処理するテキストファイルを作ります。私はGTD.TXTファイルとしています。

3.お気に入りのテキストエディタでGTD.TXTファイルを開きます。

4.開いたGTD.TXTファイルに #inbox,#すぐやる,#いつかやる などGTDに従って項目を作成します。資料などはGTDフォルダの下に資料フォルダなどを作ってそのなかに入れておきます。

GTD.TXTの一例


#inbox
#すぐやる
#いつかやる
#プロジェクト



5.頭のなかのことを #inboxの下に1行毎記入していきます。

GTD.TXTの一例


#inbox
・ベランダの花を植え替える
・紅茶を買う
・友達に手紙を出す
   :



6.inboxに記述したことを、かく項目に整理します。コピー&ペーストですぐに移動できますので簡単です。予定はカレンダーや手帳に記述します。

7.以上です。


Vimの設定

私はテキストエディタとしてVimを使用しています。Vimの_vimrcファイルに以下のコードを追加し、コマンドで$HOMEフォルダのgtd.txtファイルをすぐに読み込めるようにしています。参考までにコードをアップしておきますね。アップするまでもなく簡単ですね。

_vimrc


"GTDファイルを編集する
command LoadGTD call s:LoadGTD()
function! s:LoadGTD()
    edit $HOME/gtd.txt
    return
endfunction




最後に

GTDについては特定のアプリケーションを必要としないため、自分で工夫することができます。したがってみなさんもご自分の方法をみつけて楽しむことができます。
 今回はテキストエディタで簡単にGTDを楽しむ方法でした。私はテキストエディタをいつも起動してあるため、テキストエディタで行うのが自然な流れでした。GTDの処理をおこなうアプリケーションがあるようですが、私には合わなかったのでシンプルにテキストエディタで処理を行っています。重要なのはアプリケーションではなく、自分でGTDに従って処理をすること。そして、GTDになれたら自分の方法を見つけることと私は考えています。

これから、この方法がどのように変わっていくか私もわかりませんが、より良い方法が見つかりましたらまた記事で紹介させて頂きます。

みなさんも、より良い方法などを見つけましたらご紹介下さい。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-04-01 12:16 | Trackback | Comments(0)
 

GTDやLife Hackが気になる今日この頃

GTDやLife Hackが気になる今日この頃

 最近、論文や特許明細書の作成など、リアルが充実しています。あまりにも充実しすぎて仕事の進め方を見直そうと、ちょっとだけ考え始めました(ちょっとだけね^^;)
 以前からGTDやLife Hackをいろいろなブログで紹介されていたので、気になってはいたのですが、実際に読んで勉強はしていませんでした。でも、ちょっとこのままでは・・・・

 と、言うことでGTDやLife Hack若葉マークの私は、勉強を兼ねて参考になりそうなサイトをリンクしました。

他にも「こんなところが参考になるよ」とか、「ここは違うよ」とかありましたら教えて下さいね。よろしくお願い致します m(__)m



GTD




Life Hack



マインドマップ


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2006-03-21 06:30 | Trackback(2) | Comments(2)
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。