タグ:USB ( 16 ) タグの人気記事

 

ファイル管理のFenrirFSって、USBからも起動できたのですね

知らなかったですorz

ファイル管理のFenrirFSをUSBメモリから起動しようと、ちょっと作り始めていたら、設定だけでUSBなどのローカルな場所から起動し、ファイルもローカルな場所に保存されることを今日、知りました。
ちゃんと、調べればよかったですorz

Gmail感覚のファイル管理ソフト「FenrirFS」--フェンリルが公開

FenrirFS.exeとsqlite.dllをコピーして、FenrirFS.local ファイルを作成すればOKだそうです。FenrirFS.localファイルは空でも良いそうです。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2009-12-06 01:42
 

秀丸エディタをUSBフラッシュメモリで持ち運んでみよう

はじめに

 秀丸エディタをUSBフラッシュメモリで持ち運びながら遊んでいます。秀丸エディタをUSBフラッシュメモリで持ち運ぶのはすごく簡単なので、ご紹介しますね。なお、以下の掲示板からの情報をヒントにこの記事を書いています。

秀丸の掲示板の情報


ダウンロード

 以下のサイトから秀丸エディタと秀丸メール持ち運びセットをダウンロードします。


手順


 秀丸を解凍し,フォルダ毎USBフラッシュメモリにコピーする。その後,hmmtakeoutの中に入っている,HmRegIni.dllをコピーします。

1.hmXXX_signed.exeファイルを解凍ソフトで解凍する。
 exeファイルになっていますが,解凍ソフトを利用することで中のファイルを取り出すことが可能です。
2. 解凍したファイルをUSBフラッシュメモリにフォルダを作成し,そこにコピーする。
3.hmmtakeoutXXX_signed.exeを解凍し,HmRegIni.dll ファイルを秀丸のフォルダに入れる。
4. 以上で完了。

※ 秀丸の実行ファイルを実行することで利用が可能。

ライセンス登録について

すでに秀丸のライセンス登録を行っていても,このUSBフラッシュメモリから起動する秀丸を作成した場合は改めてライセンス登録が必要となります。

考えられる不具合について

  • すでに別のフォルダで起動している秀丸があると,エラーメッセージを表示して起動できません。

  • マクロの中に処理するファイル名などのパスが記述されているので,なんらかの対策をする必要がある。(起動パソコンによってUSBフラッシュメモリのドライブ名が変わる。)

  • マクロによっては,C:ドライブに作業ファイルを残すものがあるようです。マクロをお使いの場合は,マクロについても調べておく必要があるかもしれません。



レジストリの調査

Regmonを利用して秀丸に関するレジストリを書き換えているかチェックしましたが,今のところ問題ないように見えました。詳しい情報がある方は教えて下さい。よろしくお願い致します。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-10-25 18:41
 

Google Chrome をUSBメモリで起動する試み

はじめに

Googleのブラウザの、Google ChromeをUSBフラッシュメモリから起動してみたくなりました。まだちゃんと解析していないので、これは私の覚書です。DOS窓を消す作業もまだ行っていません。インストーラを作っていません。

なお、このアプリによって発生したいかなる損害について私は責任を負いかねますのであらかじめご了承下さい。

※まだいっぱい不具合ありそう。もう少し、調べないと・・・

バージョン:0.2.149.27
OS:Windows XP

2008年09月05日 修正
Google Chrome USBを入れたドライブのルートにDefaultフォルダと、Safe Browsing Filter、Safe Browsingファイルが作成されちゃいます。新しいコードに書き換えて使って下さい。なお、フォルダとファイルをGoogle Chrome USBを入れたフォルダに移動すれば、今までの設定は引き継ぐことができそうです。


準備


1.Google Chromeをインストールする。
2.Winキー+Rでファイル名を指定して実行を表示させる。
3.以下のコマンドを入力する。

コマンド


"%USERPROFILE%\Local Settings\Application Data"



4.エクスプローラが起動するので、GoogleをUSBフラッシュメモリなどに入れる。

5. Google Chromeをアンインストールする。

6. 以下のコードをコピーして、USBフラッシュメモリのGoogleフォルダと同じ場所にChrome@USB.batとして保存する。(Googleのフォルダに入れるのではなく、Googleのフォルダの外です。)

a0031863_1183120.gif

図1 Chrome@USB.batの保存場所

6.Chrome@USB.batをダブルクリックで実行する。


実行用コード





Chrome@usb.bat 2008.09.05.01


:: Chrome@USB Ver. 0.2.149.27 - 2008.09.05.01
:: 2008.09.04.01 * とりあえず作ってみる
:: 2008.09.05.01 * Safe BrowsingとDefaultフォルダがルートに作成されるバグを修正。仮想ドライブで対応
::               * Google Chromeが入っている場合はレジストリの処理を行わないように修正。
::               * DOS窓を隠す
::               * Prefetchの処理未定。
::               * 仮想ドライブをo~zまで空きを探すように変更。
@echo off
%~d0
cd %~dp0

set odrv=%~d0
set defaultexe=%USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe
set regroot=HKCU\Software\Google\Update\Clients\{8A69D345-D564-463c-AFF1-A69D9E530F96}
set ver=0.2.149.27


::DOS窓の非表示
set my=%~nx0
if "%1" == "" (
call :make
start cscript //nologo run.js
goto :EOF
)


::仮想ドライブの作成(o~zの空きドライブを割り当てる)
for %%d in (o p q r s t u v w x y z) do if not exist %%d:\nul set drv=%%d
subst %drv%: %cd%
%drv%:


::起動用レジストリの作成
if not exist "%defaultexe%" (
reg ADD %regroot% /f
reg ADD %regroot% /v name /t REG_SZ /d Chrome  /f
reg ADD %regroot% /v pv /t REG_SZ /d %ver%  /f
)


::作業フォルダ
if not exist temp\null md temp
set TEMP=%cd%\temp
set TMP=%cd%\temp

::実行
set USERPROFILE=%cd%
%cd%\Google\Chrome\Application\chrome.exe


%odrv%
subst %drv%: /d


::起動用レジストリの削除
if not exist "%defaultexe%" reg DELETE "%regroot%" /f
goto :EOF


:make
echo WScript.CreateObject("WScript.Shell").Run('cmd /c %my% hide',0,0);>run.js
goto :EOF




Chrome@usb.bat



%~d0
cd %~dp0

:: 起動のためのレジストリを作成
REG ADD HKCU\Software\Google\Update\Clients\{8A69D345-D564-463c-AFF1-A69D9E530F96} /f

reg ADD HKCU\Software\Google\Update\Clients\{8A69D345-D564-463c-AFF1-A69D9E530F96} /v name /t REG_SZ /d Chrome  /f
reg ADD HKCU\Software\Google\Update\Clients\{8A69D345-D564-463c-AFF1-A69D9E530F96} /v pv /t REG_SZ /d 0.2.149.27  /f


set USERPROFILE=%cd%

%cd%\Google\Chrome\Application\chrome.exe


::レジストリの削除
reg DELETE "HKCU\Software\Google\Update\Clients\{8A69D345-D564-463c-AFF1-A69D9E530F96}" /f





最後に

バージョン依存が激しいので、動かなない場合もありそうです。もう少し調べてチャレンジできるといいなぁ。
とりあえず、休み時間に試した結果です。他にもっと良い方法があるかもしれませんね。



あ、こんなものがあったorz

あ、すでにあるみたいです。私としたことが。Google Chromeの調査する必要なかったみたいorz
とほほほです。

これであなたもGoogle Chrome伝道師「Portable Chrome」


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-09-05 18:16
 

Google Chrome@USB を更新しました


Google Chrome をUSBで起動する試みに関して、いくつかのバグの修正を行いました。もし、試している方は、差し替えをお願いいたします。以下のアドレスの記事を修正しましたので、御覧下さい。

Google Chrome をUSBメモリで起動する試み

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-09-05 18:00
 

kiki ブラウザのお気に入りをローカルにする実験

はじめに

最近kikiブラウザで遊んでいます。KikiブラウザはIEコントロールを利用したブラウザで、タブではなくツリー状にページを表示するところが便利で、多くのページを開いても使いやすいのが私のお気に入りです。FirefoxやOperaなどに慣れている私にとっては、ツリー表示が新鮮でした。そして使ってみると便利なんですね。Kikiブラウザは非常にシンプルなところも好印象です。欲を言えばひとつだけ。お気に入りがIEと兼用でなければもっといいのですが・・・

 Kikiのお気に入りを裏でローカルと差し替えちゃえばいいかも。そんな軽い思いつきで、バッチファイルを作ってみました。


メリットは、クッキー、お気に入り、キャッシュなどをローカルに保存できること。

対象:Windows XP(他は分かりません)

Kiki入手先:ウェブブラウザ KIKI のホームページ


手順

念のため、現在使用中のkikiではなく、新たにkikiを解凍してから操作をして下さいね。

1.以下のコードをコピーして kiki@usb.bat などのファイル名でkiki.exeのあるフォルダに保存する。

2. 先ほど作成した kiki@usb.bat を起動する。

3. 初回は必要なフォルダを作成し、googleとYahooのリンクをお気に入りに登録。

4. kikiが起動する。


kiki@usb.bat



@echo off
%~d0
cd %~dp0

set exe=kiki.exe

set user=%cd%\USER

if not exist %user%\nul (
md "%user%"
md "%user%\Cookies"
md "%user%\Favorites"
md "%user%\Local Settings"
md "%user%\My Documents"
md "%user%\Desktop"
md "%user%\Application Data"
md "%user%\デスクトップ"

call :Favorites
rem xcopy "%USERPROFILE%\Favorites" "%user%\Favorites" /E /Y /I
)

set USERPROFILE=%user%

start %exe% %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9
goto :EOF


:Favorites
:google
set fname="%user%\Favorites\Google.url"
echo [DEFAULT]>%fname%
echo BASEURL=http://www.google.co.jp/webhp^?hl=^&ned=jp>>%fname%
echo [InternetShortcut]>>%fname%
echo URL=http://www.google.co.jp/webhp^?hl=^&ned=jp>>%fname%
echo IconFile=http://www.google.co.jp/favicon.ico>>%fname%
echo IconIndex=^1>>%fname%

:Yahoo! JAPAN
set fname="%user%\Favorites\Yahoo! JAPAN.url"
echo [DEFAULT]>%fname%
echo BASEURL=http://www.yahoo.co.jp/>>%fname%
echo [InternetShortcut]>>%fname%
echo URL=http://www.yahoo.co.jp/>>%fname%
echo IconFile=http://www.yahoo.co.jp/favicon.ico>>%fname%
echo IconIndex=^1>>%fname%
goto :EOF



注意点

実験のためのバッチファイルです。まだ不具合があるかもしれません。副作用としてディスクトップ、マイドキュメントなどもローカルに切り替わります。ディスクトップにダウンロードすると、ローカルに作成されたディスクトップに保存されます。

 遅いUSBメモリで使用すると動作が遅くなります。(キャッシュもローカルに切り替えるので)ハードディスクやRAMディスク上で動作させた方が無難かもしれません。


簡単な説明

kiki@usb.bat のある場所にUSERフォルダを作成し環境変数を書き換えています。kiki@usb.batで実行したkikiのみに適用しているので他のアプリケーションに影響はしません。


応用

kiki用に書きましたが、IEやIE系のアプリでも利用可能です。set exe=kiki.exeを以下のように書き換えるとIEで利用可能です。

書き換え場所


set exe=iexplore.exe




最後に

遊びで作成したバッチです。まだ不具合などもあるかもしれません。でも、お気に入りを切り替えられるのはちょっと便利です。バッチファイルなので、自分で自由に書き換えることができるので、書き換えてもっと良い方法をみつけて下さいね。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-03-22 11:57
 

Wiki - DokuWiki on a Stickの日本語化

はじめに

 私はプライベートでDokuWikiを利用しています。MicroApacheとDokuWikiの組合せで利用しているのですが,セットになったDokuWiki on a Stick があることを以下のサイトで知りました。
DokuWikiはデータベースが不要なので比較的簡単に導入できます。そしてこのDokuWiki on a Stick はダウンロードして解凍すれば,すぐにでも利用できるので自分だけのローカルWikiとしてもお勧めできるかも知れません。

 今回はDokuWiki on a Stick の簡単な日本語化についての記事です。たぶんこの記事を読まなくても判ると思いますが,簡単に日本語化ができることと,日本語が普通に使えることをこの記事で知っていただければ幸いです。

 また,通常の状態ではネットに繋がっているとIPアドレスの指定でアクセスが可能になりますので httpd.conf の設定だけでも書き換えておいた方が安全かもしれません。

MOONGIFT: » DokuWikiを持ち歩く「DokuWiki on a Stick」

難易度:★
 すごく簡単です。記事にする必要が無いかもしれません。



ダウンロード



日本語化 その1 直接ファイルを書換える



1. DokuWikiStick\dokuwiki\confフォルダの "local.php"ファイルをテキストエディタなどで開く。

2. $conf['lang'] = 'en'; の部分を探して, $conf['lang'] = 'ja'; に書き換える。

local.php


$conf['title'] = 'DokuWiki on a Stick';
$conf['lang'] = 'ja';
$conf['useacl'] = 1;



3. 以上で日本語化完了。




日本語化 その2 メニューからの操作


1. DokuWikiStikck内の mapache.exe をダブルクリックして実行する。

2. ブラウザで http://localhost:8800/ のアドレスにアクセス。

3. Dokuwiki on A Stickが表示される。

4. 画面右下の "Login" ボタンをクリック。
a0031863_21561219.gif


5. ログイン画面が表示されるので,Usernameと Passwordに admin と入力して "Login"ボタンを押して下さい。

a0031863_21562558.gif


6. ログインできると右下に "admin" が表示されるのでクリックします。

a0031863_21563419.gif


7. Administrationが表示されるので, "Configuration Settings" をクリックします。


a0031863_21564481.gif

8. Basic Settingsの,Languageを "ja"に設定し,画面をスクロールして左下のほうにある"Save"ボタンを押す。

a0031863_21565937.gif


9. 以上で日本語化の完了です。


プラグインなどの日本語化

プラグインに関しては日本語化がされていないものもあります。そのプラグインのlangフォルダにある enフォルダーを ja フォルダにコピーし,jaフォルダ内のlang.phpを書き換えると日本語化が可能です。



ローカル以外から入れないようにhttpd.confを書き換えておく

そのまま解凍して実行すると、IPアドレス指定で外部から見ることができます。ローカルのみのアクセスを許可するため、DokuWikiStick\conf\httpd.confの最下行に,以下のコードを追加しておきます。

httpd.conf


   <Directory "./dokuwiki">
      AllowOverride All
      Order allow,deny
      Allow from localhost 127.0.0.1
   </Directory>






 

パスワードの変更


 右下のユーザ情報の更新画面からパスワードの変更が可能です。


プラグインの導入

 通常はプラグイン管理のプラグインのダウンロードとインストールの下にURL入力欄があるので,プラグインをダウンロードするURLアドレスを入力し,ダウンロードボタンを押すと取り込むことができます。うまくできないプラグインに関しては,DokuWikiStick\dokuwiki\lib\pluginsフォルダの下にファイルを解凍して手作業でインストールします。

 プラグインの導入の際には,関連するプラグインを入れる必要があるときがあります。関連プラグインに関しては各サイトの指示に従って下さい。


お勧めリンク



最後に

DokuWikiはデータベースが不要なのが魅力的です。小さな環境で利用できるWikiは私の小さなUSBフラッシュメモリにとって大変助かります。そしてなによりもおドジな私にはリビジョン管理で元に戻せるので,安心して記事を書くことができます。プラグインも豊富なのでいろいろとためしてご自分のスタイルに合ったものを探して下さいね。私のお勧めはブログプラグインです。ブログとして利用できるので,日記の感覚で記事を書いておいて後で検索したり,必要に応じてまとめたりできます。また機会があればブログのプラグインについてもご紹介できればと思います。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-03-11 21:55
 

Vim - USBで起動するバッチファイルの改良

はじめに

VimをUSBフラッシュメモリから起動するバッチファイルをちょっとだけ改良しました。改良点は起動した場所に移動し、その場所を環境変数に設定することで、エクスプローラー以外で起動してもちゃんとVimが起動できるようにしてみました。
よろしければ、試して下さいね。

ぽっとの陽だまり研究室 : VimをUSBメモリに入れて持ち運ぶ


バッチファイル

バッチファイルは以下の通りです。%~d0 で起動ドライブに移動、cd %~dp0 で起動したフォルダに移動します。環境変数のVIMとHOMEに起動場所を指定していますが、HOMEは皆さんの場所に書き換えて利用してくださいね。

gvim@usb.bat

@echo off
%~d0
cd %~dp0

set VIM=%~dp0
set HOME=%~dp0
path=%~dp0;%path%
start gvim.exe



最後に

バッチファイルでできることは少ないですが、アイデアしだいではいろいろなことができます。今回もちょとした工夫でドライブを取得して移動してみました。皆さんの環境に合わせて修正してお使い下さい。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-09-16 07:32
 

lolifox Portable リニューアル

はじめに

 lolifox Portable のアイコンを萬坊同好会会計さんの御好意で作って頂きました。アイコンが新しくなり、仕様も変更しました。よりユーザが細かい処理を追加することが可能になるように、スクリプトとしてバッチファイルを利用して起動方法やフォルダの削除などを行えるようになりました。
 またlolifoxだけではなく、Firefoxでも起動が可能になりましたのでよろしければお試し下さい。

続きを読む...
[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-08-03 22:05
 

EverNote@USB Ver 0.2

はじめに

 
EverNoteのFree版をUSBフラッシュメモリから起動する小さなバッチファイルです。Windows XPに含まれているreg.exeを使用してレジストリを再現するバッチファイルです。

注意:USBメモリのプロパティでREMOVABLEなど英数字で名前をつけて下さい。空白が入っているとうまく動作しません。

a0031863_7452948.jpg


公開先:EverNote@USB Ver 0.2

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-05-24 07:45
 

EverNote@USB Ver 0.2として公開再開

はじめに

 EverNote@USB Ver 0.2として公開再開
公開先:EverNote@USB Ver 0.2

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-05-18 22:09
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。