「ほっ」と。キャンペーン
 

タグ:iTunes ( 2 ) タグの人気記事

記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
 

iTunes 9.1 でがんばる記事(追記記事の分離)

はじめに

Windows版のiTunesを9.1.0.79にするのはお勧めできません。ネタのためにバージョンアップしています。
この記事は、iTunes 9.1 -> 9.03 ダウングレード for Windowsの追記部分を分離したものです。

 アップルのフォーラムにはいろいろな情報があるので、よろしければフォーラムの情報を御覧下さい。

アップルのiTunesフォーラム(英語)


2010.04.06 00:25追記

libxml2.dllファイルのコピー先であるが、C:\Windows\System32のフォルダに入れるのが気が引けるので、iTunesのプロセスを調査しました。
MobileDeviceHelper.exeなどが、libxml2.dllを利用していることが分かりましたので、このMobileDeviceHelper.exeがある場所にlibxml2.dllをコピーすることにしました。

C:\Windows\System32フォルダにコピーしたlibxml2.dllファイルは削除しました。

libxml2.dllをコピーする場所


C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support



libxml2.dllのあった場所


C:\Program Files\Common Files\Apple\Apple Application Support



プロセスの調査には以下のツールを利用しました。
Process Explorer

※私の場合perlをインストールしてあったために、この不具合がでることが分かりました。環境変数のPATHでperlのbinのフォルダが先頭になっています。そのために、perlのlibxml2.dllが読み込まれます。期待していたlibxml2.dllで無かったためにこのようなことが発生することが判明しました。
そこで、MobileDeviceHelper.exeのある場所に期待しているlibxml2.dllファイルをコピーすることで解消できました。
 私のケースではperlのdllが先に読まれたことで発生しましたが、他のアプリケーションとの関係でこのようなことが発生するかもしれません。のエラーが発生している方を見ないので、日本では私のような極少数なのでしょうか。でも、おなじようなトラブルで困っている方がいらっしゃるかもしれませんので、参考までに情報をアップしておきます。


2010.04.04 15:50追記

アップルのフォーラムを読んでいたら、libxml2.dllファイルをC:\Windows\System32のフォルダにコピーすると良さそうなことが書いてあったので、9.1にバージョンアップして、からlibxml2.dllファイルをコピーしてみました。その結果、以下の問題が出なくなったので、これで様子をみてみます。

このlibxml2.dllファイルをコピーする前に、以下のリンクの内容も実施しましたが、効果は無かったです。記録として残しておきます。
iTunes was unable to load provider data from Sync Services. Real solution

2010.04.05追記
この作業を行う前は、iTunesでブックマークの同期で、IEやSafariを選択できない状況でしたが、libxml2.dllファイルをコピーしてからは、ちゃんと表示されるようになりました。同期の速度も改善されたように感じます(体感なので分からないのですが・・・)


2010.04.04 15:00追記

Ver 9.1でないと、iTunesでアプリの購入でこんなメッセージがでちゃいましたorz

a0031863_14362911.gif


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2010-04-15 22:44 | Trackback | Comments(0)
 

iTunes 9.1 -> 9.03 ダウングレード for Windows

お知らせ

以下のリンクで、iTunesを9.0.3ではなく、9.0.2.25にする方が良いとの情報がありました。情報として、お伝えしたく、このリンクをこの記事に貼らせて頂きます。

iPhone本体とiTuneの同期がうまく行かない::おしえて!goo

また、追記部分は9.1.0.79にバージョンアップしたときの頑張った記事なので、以下の記事として分離しました。あまり参考にはなりませんが、もういちど見たい方は御覧下さい。

追記記事:iTunes 9.1 でがんばる記事(追記記事の分離)"



はじめに

4月の1日にiTunesを9.1にバージョンアップしたら不具合が発生しました。仕方ないので、ダウングレードして使っています。そのときの情報をアップします。
 結局、 9.1で不具合を直す方法が分からなかったので、ダウングレードのメモだけです。殆ど、自分のためのメモなので、参考にならないかもしれません。また、私の情報に間違いがあるかもしれませんので、ご注意下さい。

この記事はメモであり、確実に出来るものではありません。ダウングレードに苦労したので、そのときのメモです。以下のサイトの情報を元にダウングレードを実施し、なんとか元に戻ることができました。この場を借りて、お礼を申しあげます。




iTunes 9.1 バージョンアップ後の症状

私は以下のような症状になりました。私だけかと思ったら、海外でも同じような症状があったみたいです。

対象:iTunes 9.1
OS:Windows XP

1.Windows XPの起動時にApple Sync Notifer.exeがiconv.dllが見つからないとメッセージを表示。

2.アンインストールして、再インストールを数回繰り返したが、iTunesにipodを接続すると以下のメッセージを表示する。

a0031863_2225646.gif


※アンインストールしてもう一度インストールすると直るって、書いてあったけど、3回くらいやっても直らなかったorz

3.無理やり同期しても、遅くてあきらめました。ゲージが進まないの



バックアップ

作業でなにかあると困るので、iTunes関連のファイルを圧縮してバックアップしておきました。

 デフォルトだと、マイドキュメントのマイミュージックのiTunesフォルダがデータになります。私はすべてバックアップしましたが、iTunes Library.itlなどをバックアップしておけば、とりあえず良さそうな気もします。(自信ないです。)



アンインストール

以下の通りにアンインストールしました。途中、プログラムフォルダなどを削除する手順があって、ちょっと慣れていない方は他のファイルやフォルダを消さないよう注意しながらやる必要があります。

Windows XP での iTunes、QuickTime、その他のソフトウェアコンポーネントの削除および再インストール


古いiTunesをダウンロード

私は、以下のリンクのOld Version Downloadsから、iTunes 9.0.3をダウンロードしました。このファイルでセットアップをしました。

Old Version Downloads


iTunesを起動の前に

たぶん、このまま起動するとiTunesが起動しないと思います。新しいバージョンで書き換えられた、iTunes Library.itlがあるからです。このファイルを以前のものに書き換える必要があります。

マイドキュメント下のマイミュージックの中にある、iTunesフォルダの中に、Previous iTunes Librariesフォルダがあります。このフォルダの中に”iTunes Library 2010-04-01.itl”などの日付がついたファイルがありますので、iTunes Library.itlに上書きするそうです。

詳しくは以下のサイトの情報を御覧下さい。

DoNePeeのメモ::旧バージョンのiTunesに戻す


最後に

他にも同じような方がいるのでしょうか。私は脱獄していないのですが、脱獄した方は問題があるみたいだし、同じような症状がフォーラムにもあったみたいでした。しばらく、ダウングレードしたままで様子をみたいと思っています。

なにか、情報ありましたら教えて下さいね。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2010-04-03 21:48 | Trackback | Comments(0)
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。