タグ:pdf ( 2 ) タグの人気記事

記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
 

PDF-XChange Viewerで日本語を楽に入力する方法案

はじめに

PDF文書にマーカや、コメントを記入できると便利です。フリーで使えるソフトとして、PDF-XChange Viewerが知られているのではないでしょうか。でも、PDF-XChange Viewerは日本語を入力すると、入力した文字列が二重に入力されます。この問題を回避するには、クリップボードを経由してエディタなどで文字を入力して、PDF-XChange Viewerに文字をペーストする方法が一般的な解決方法だと思います。
でも、この方法はちょっと面倒です。そこで、Charu3を使って日本語入力をてちょっとだけ楽にする方法です。

窓の杜 - PDF-XChange Viewer

a0031863_2059365.jpg



ダウンロード

Charu3を利用して日本語の入力を簡単にします。Charu3は以下のサイトから入手して下さいね。PDF-XChange Viewerはすでに導入済みと仮定します。

KeiziWeb ver 4.3


Charu3のコード

以下のコードをCharu3に追加して下さい。
Charu3登録コード

<charuMACRO_KEY>CTRL,C</charuMACRO_KEY><charuMACRO>$PLUG-IN<.\plugin\input.dll,,$CLIP >$PLUG-IN</charuMACRO><charuMACRO_KEY>CTRL,V</charuMACRO_KEY>


a0031863_20594672.jpg


※コードの意味
 Charu3の編集画面を表示し、OKボタンを押すと編集画面の内容をペーストする。


操作手順


1. PDF-XChange Viewerでコメントを挿入、コメント欄をマウスでクリック。

2. Charu3で先ほどのコードを実行。

3. 小さなエディタ画面が表示されるので、日本語を入力。

4. OKボタンを押すと編集内容が入力される。

a0031863_2059365.jpg


※ Charu3のコードを実行する前に、文字の範囲を選択するとクリップボードに範囲がコピーされます。その後、エディタ画面でCTRL+Vでペーストしてから編集し、OKボタンを押すと編集結果が反映されます。(使ってみると分かります。)
もっと確実にエディタに反映したい場合は、簡単なスクリプトを書くと良いです。


最後に

この方法はEverNoteで使っていた方法なのですが、EverNoteが日本語対応になって、日の目を見なかったのです;;
今回はPDF-XChange Viewerで試してみました。この他にも、選択範囲をちゃんと取り込んでメモ帳で編集するスクリプトもあるのですが、小さな編集画面が表示される今回の方法の方が、いろいろな方に利用しやすいと思いましたので、こちらを紹介させて頂きました。

[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2008-01-18 21:00 | ├ソフト | Trackback | Comments(0)
 

紙のPDA re:PocketMod

はじめに

 紙のPDAとしてPocketModがあります。このPocketModの2008年度版のカレンダーが欲しくてフォーラムを覗いたらre:PocketModがあることを知りました。re:PocketModは今年と来年のカレンダーを作成できます。
 オンラインで使うこともできますが、ダウンロードしてオフラインで使うと、オリジナルのページなども作成できてさらに便利です。また、PocketModのサイトにはpdfファイルからPocketModと同じページを作成できるアプリもありますので、子供のためにミニ絵本や、ちょっとした取説、チート集なども作ることができます。なおページ数は表と裏表紙を除いた6ページです。

a0031863_8382319.jpg


[1] 表紙にも印刷すれば、8ページの小さな本ができます。


ダウンロード

 PocketMod 以下のサイトからダウンロードできます。re:PocketModは2番目のリンクになります。PDFファイルからPocketModに変換するアプリは1番目のサイトにあります。



jpegファイルでオリジナルページを作る

 PocketModは185 x 285サイズの、jpeg または SWF フォーマットのファイルを用意することでオリジナルのページを作ることができます。今回は最もお手軽にできる方法として、jpagファイルを使ってオリジナルページを作ってみたいと思います。

 作業は185 x 285サイズのjpegファイルをmodsフォルダの中に作成し、mods.xmlに設定を加えるだけです。

1.185×285 ピクセルの jpegファイルを作成する。ここではtest.jpgとして保存します。
2.modsファイルの下に custom フォルダを作成する。(他のフォルダでもOK)
3.mods.xmlで以下のコード様に追加します。最後の</pocketmods>の前になどに追加すれば良いでしょう。[1][2]


追加コード

<folder label="custom" folder="custom" icon="" isBranch="true">
 <mod label="TEST" desc="TEST" url="test.jpg" icon=""/>
</folder>




4.PocketModを再起動または、ブラウザをリロードして設定が反映されているかチェックして下さい。うまくできるとオリジナルページを追加できます。

[1] folder= の設定は作成したフォルダ名と同じにして下さい。またurl=の設定は保存したファイル名と同じにして下さい。英数字でファイルやフォルダを作成した方が無難だと思います。
[2] 詳しくは PocketModを解凍した中の README.txt をご覧下さい。



pdfからPocketModを作成する


 pdfファイルからPocketModを作成して、ミニ本を作る方法です。表と裏表紙を除いた6ページ。実際は8ページを作成します。


PocketMod: The Free Disposable Personal Organizerの PDF to PocketMod Converter!をダウンロードして下さい。



1. アプリで本の内容を作成して下さい。最終的には1/8の大きさになるので、情報を詰め込みすぎると見えなくなります。[1]

2. pdf作成ソフトを使って、作成した本の内容をpdfに変換して下さい。私は以下のサイトのpdfの紹介を参考にしました。

MOONGIFT: » doPDF:オープンソースを毎日紹介

3. PDF to PocketMod Converter!を起動して下さい。

4. Output Page Sizeを指定して下さい。日本ならばA4なんかが一般的でしょうか。

5. Open PDFをクリックして、先ほど作成したpdfを選択して下さい。

6. Save as PockerModを選択し、出力するpdfファイルを指定して下さい。

7. 以上で変換されたpdfが作成されます。作成されたpdfを印刷して、ミニ本に仕上げて完了です。

a0031863_8384062.jpg


[1] 1ページ目が表紙で、8ページ目が裏表紙になります。


最後に

 PockerModの折り方は日本の方ならば、知っているかたも多いのではないでしょうか。子供のころ作ったこともあるかもしれませんね。ちょっとした折方でA4の裏紙が8ページも使えるミニノートにもなります。私は手帳の間に、いつも見る内容をPockerModとして挟んであります。手帳が変わってもPockerModを差し替えればOKですし、新しいPockerModが欲しくなったら印刷すれば使えるのが気に入っています。それに小さいので、私の小さなバックにも入って便利なのがうれしいですね。


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-09-29 08:39 | Trackback | Comments(4)
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。