<< EverNoteで日本語を入力... TiddlyWiki - Ba... >>
 

EverNoteをUSBフラッシュメモリから起動する試み

はじめに

Webやアプリケーションのデータをスクラップしてタグで整理できるEverNoteをUSBフラッシュメモリで起動する試みをしました。この方法は単純にEverNoteとデータをUSBメモリで持ち運ぶ方法です。EverNoteがレジストリに設定を保存するため,レジストリにEverNoteの情報を書き込むのが嫌な方は別の方法を探して下さいね。

追記:2007年5月14日
USBメモリで利用する場合は以下の点にも気おつけてご利用下さい。
注意:EverNoteのパスワードは安心できない






EverNoteダウンロード

 ダウンロードは以下のアドレスとなります。今日現在ですと、EverNote 2.0 - Free Version をダウンロードします。
ダウンロードURL: http://www.evernote.com/en/downloads/

セットアップ手順


1.EverNoteをデフォルトでインストールします。

2.USBメモリにファイル名MakeEverNote@USB.batファイルを作成し、以下の内容をメモ帳などでコピーします。
MakeEverNote@USB.bat


::
:: EverNote USB 作成用バッチファイル
::

set EverDir=C:\Program Files\EverNote\EverNote

MD EverNote@USB
cd EverNote@USB

xcopy "%EverDir%\*.*" "%cd%" /E /Y

echo start EverNote.exe %%cd%%\data\EverNote.enb>EverNote@USB.bat



3.MakeEverNote@USB.batをダブルクリックで起動します。

4.USBにEverNoteをコピーし、実行バッチファイルを作成します。

5.EverNote@USBフォルダが自動的に作成されます。EverNote@USBフォルダにEverNote本体がコピーされた後に,EverNote@USB.batファイルが作成されます。

実行方法

 EverNote@USBフォルダの中に作成された、EverNote@USB.batをダブルクリックして実行して下さい。
 初回のみ以下のようなメッセージが表示されますが,はい(Y)を選択して下さい。EverNoteのデータベースを新たに作成します。

a0031863_858257.gif




カスタマイズ

 EverNote@USB.bat ファイルのEverNote.enbの部分をお好きな名前に書き換えて別の起動バッチファイルを作成すると,用途に合わせてEverNoteのデータベースを切り替えて利用することができます。EverNote@USB.bat ファイル名を変えれば複数起動も可能のようです。

カスタマイズ


start EverNote.exe %cd%\data\EverNote.enb
       ↓
start EverNote.exe %cd%\data\potto.enb



動作原理

 EverNoteは起動パラメータにデータベースのファイル名を指定できます。この機能を利用した単純な方法です。

動作原理


 EverNote.exe データベースファイル名



参考

EverNote User Forumの以下の内容を参考にさせて頂きました。セットアップを簡単にするためバッチファイルを作り、操作を少しだけ楽にしました。

参考:EverNote User Forum :: View topic - Evernote on a USB Flash Drive


[PR]
記事の下の方に広告が表示される場合があります。この広告はエキサイトの広告枠です。
by potto37 | 2007-05-12 08:58 | ├ソフト
<< EverNoteで日本語を入力... TiddlyWiki - Ba... >>
掲載の記事や画像などすべての複写・転載・公衆送信等はご遠慮ください。